乃木坂 小室 哲哉。 乃木坂46×小室哲哉による「Route 246」レビュー:“TKサウンド”を深く知る人から若いリスナーまでを繋ぐ楽曲に

だが今作の「Route 246」は配信限定という事とコロナ禍という事もあり、主だったイベント施策は一切ない状態。 飛鳥:本当にでも、最近自分の良く聴く曲だと、 観月ありささんの『Happy wake up! ほぼ同世代と言っていい。 何年もヒット曲ないもんね。 2000年代以降は往時の勢いを失い、2008年には自身の曲の著作権に絡んだ5億円の詐欺行為を行ったとして逮捕、翌年執行猶予付きの有罪判決を受けた。 意味がわからん」「KEIKOをほっておいて、挙句の果てに僕にまでそんなこというって、どういうことなのかなぁ」などと、名前こそ出さないものの、明らかに小室への苦言とみられる複数のツイートを投稿していた。 その時代に提示された、秋元&小室の楽曲には新しさは皆無である。 特にテーマのない応援歌を作らせたら秋元康はやはりうまい。 80年代に『オレたちひょうきん族』 フジテレビ系 内で、2012年に亡くなった安岡力也さんが扮していたホタテマンのテーマソング「ホタテのロックンロール」のアレンジを新人時代に手がけている。
12
— Yahoo! ここ数年ゼロからアートを学び、改めて概念、すなわちコンセプトを持った創造物の貴重さを感じています。 「Route246」がglobe「Feel like dance」に似ていると話題! 白石麻衣と西野七瀬がボーカル、生田絵梨花と小室哲哉がピアノを担当しています。 また、小室は2018年4月に発売されたラストアイドル「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを手掛けた後に第一線から退いており、公での楽曲提供は2年3か月ぶりとなった。 小室氏は音楽プロデューサーとして、意外な人物の楽曲も手がけている。 小室は復帰にあたり、「近しい知人に一年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました。
59

(中略)多くの方に迷惑もかけたのでしょう。

バナナマンの設楽統も意外な選曲に驚いていたが、齋藤は「小室さんの曲が好きなんです」と明かしていた。

アイドルばかりではなく、ヘヴィメタル、演歌、歌謡曲まで幅広く手がける小室氏が、見せる新境地に期待したいところだ。

一貫した、らしさは表現されているのでは?と感じています」と、作品への思いを明かす。

アイドルという特性上、ファンとのイベントを重んじる握手券をCDに封入し、コアファンの購入意欲を注いできた。

86