アメダス レーダー。 アメダス

積雪深計はから秋田県内で試験運用が始まり、11月1日に正式運用開始 観測開始 - 太陽電池式日照計(旧型)• 気象庁 防災気象情報. Color Legend of Radar Images The following shows the color legend of radar images. また積雪が非常にまれな暖候地では、気象台も含めて1台も設置されていない県がある(静岡県・宮崎県・沖縄県など)
風の吹いてくる方向を、北、北北東、北東、東北東、東、東南東、南東、南南東、南、南南西、南西、西南西、西、西北西、北西、北北西ので表す 脚注 [ ] [] 2019年5月1日閲覧
データ変換装置は多くが屋外に設置されるが、屋内のものもある により計測を行っており、を採用している
観測の自動化・無人化によって報告速度を上げ、きめ細かい気象観測は気象官署に限定してデータの精密さを向上させることなどを目的に、新たに開発されたのがアメダスである 観測で得られたデータは回線などを通じて気象庁内の地域気象観測センター(通称アメダスセンター)へ10分ごとに集信され、データの品質チェックを経たのち全国に配信される
アメダスのデータは、気象庁ウェブサイトで公開されているような地図・表形式の観測値として利用されるほか、の入力データとしても用いられる NHK放送文化研究所• - アメダス以前の気象観測所• Current motion of rain clouds can be checked by zooming in or out, which is useful as a disaster information tool about rainfall and snowfall. 太陽が照らした時間を2分単位で観測
21