横田 めぐみ 写真。 英国諜報部MI6が横田めぐみさんの生存を確認、しかし週刊ポスト以外にマスコミが大きく報じないのはなぜか。 TORA

というのも金正恩の父親はご存知の通り金正恩。

証拠が何一つありません。

生死すラも、わからず夫妻は必死に横田めぐみを探索。
護国神社の参道前に,情報を求める新潟県警の看板が立っている そして、めぐみさん夫婦とも交流があった蓮池薫さんは、娘を置いてめぐみさんが自殺するはずが無いとも語っています
横田めぐみの娘に初めて面会できたのは2014年 対応は朝お知らせする
横田めぐみの夫ですが、 名前;金英男(キムヨンナム) 出身;韓国 1986年に横田めぐみと結婚 何より、北に残してきた2人の子どものことが気になっていたからです
めぐみが北朝鮮で撮られた写真はなんと哀しい目をしていることでしょう めぐみさんが新潟市の海岸で拉致される直前まで、旅先などで家族と一緒に撮った写真40枚をパネルにして展示する
日本の不退転の決意を示さねばなりません」 情報戦に劣る日本の取るべき道は、MI6の情報ほか利用できるものは全て利用し、一刻も早くめぐみさんら拉致被害者の救出を実現させることではないか あんなに明るかった娘がなんと寂しく、不安に満ちた表情をしているのでしょう
空爆で破壊され、瓦礫となった建物の壁に11月14日、北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんと父、滋さんの肖像が描かれた
加えてさらに深い背景があると指摘するのは、米国のシンクタンク「国際政策センター」アジア計画部長のセリグ・ハリソン氏だ 前号と重複する部分もあるが、リポートの核心でもあるため、省略せずに記すこととする
描いたのは地元画家のアジズ・アル・アスマールさん(48歳)と友人のアニス・ハムドゥーンさん(48歳)だ 3 写真掲載等は私共が依頼したことではなく有田氏が出したものだ
当時、私は金英男氏のことを日韓両国で調べた また、党幹部の別荘が集中する、平壌市内の大同江川沿いの邸宅に立ち寄る姿の写真もあった
41
夫妻が首都ウランバートルで、ウンギョンさんや、その娘で夫妻のひ孫にあたる女児と面会した時の写真2枚。 10代の少年時代、友だちと海水浴をしているときに北朝鮮の工作船に連れ去られたとされている。 日朝政府間の交渉中に、めぐみさんと婚姻関係にあった人物が現れたのは、日本側にとって大きな驚きだった。 横田夫妻の元に参議院議員の秘書を通じて、1997年(平成9年)1月21日に長女・めぐみが北朝鮮に拉致されているという情報が伝わり、横田滋が議員会館で詳しい情報を聞いた。 昭和52年11月15日、この付近で、当時中学生であった横田めぐみさんが、北朝鮮に拉致される事件が発生しました。 それは、金正恩の妹キムヨジョンが横田めぐみと同じ大学に通い、同じ政府機関の部署で働いていたという情報が一時ひろがりました。 帰宅後、滋から今日入った情報について聞かされ驚くとともに、「生きていたのね、めぐみちゃん」と、失踪から19年目にして初めて希望を見出す。 また生きていることが認められれば他の拉致被害者も生きている可能性が濃くなるから、国民世論も早く返せと言う運動が強くなり、国交回復を急ぐ外務省筋が抑えているのだろう。 いかにもあの国らしい破廉恥で卑劣なやり口である。 6月8日 横田 滋 早紀江 【北朝鮮拉致】横田めぐみさん両親の孫、ひ孫の写真が明らかに 2年前のモンゴルで面会時 有田芳生参院議員が公開 - 産経ニュース さんから 写真公開は当たり前ですが、合意のもとでのことです。