千葉 県 緊急 会見。 「解除」「延長」意見さまざま 森田知事、解除期待も「気緩めず」 緊急事態宣言発令から3週間(千葉日報オンライン)

同時にわたしたち国民ひとりひとりがこのコロナを倒すためにはひとりひとりがもっと自分の命を大切にする、と同時に人の命、社会を、日本を大事にする、という気持ちを持たないとなりません。

首脳会談においても、こうした日中関係、気候変動、コロナ、様々な問題について率直に話し合いたい、このように思っています。

(尾身会長) 今のまん防ですが、実は私は、残念ながら第2回目の緊急事態宣言を発出せざるを得なかった理由の一つは、簡単に言えば、いわゆるサーキットブレーカーが利かなかったということだと思います。

これは大変重い言葉であり、わたしたち国民ひとりひとりがしっかりと受け止めていかないといけないと思います。

動揺も含めて。

インド太平洋地域と国際社会の平和と繁栄の基盤でもあります。

(菅総理) 私からよろしいですか。 一方で、消費税に関しては、総理は以前、10年間は上げる必要がないということをおっしゃっていらっしゃったと思うのですが、現在もその考えに変わりはないでしょうか。 しかしながら、感染者数には横ばい、あるいは微増の傾向が見られ、人出が増加している地域もあることから、リバウンドが懸念されております。 県は、外出自粛の対象外となる「生活維持に必要」な例として「通院」「社会福祉施設への通所」「食料品・医薬品・生活必需品の購入」「健康維持のための散歩・運動」「在宅ではできない仕事」を挙げた。 そして運動もしなきゃならない。
12