日本 地震。 気象庁|地震について

大津波発生、佐渡・能登・若狭にも津波。

()(2年) 噴火。

()(4年) - 殿が津波で破壊されたと記録されている(『鎌倉大日記』 )。

• 0、山崩れあり、死者 69人、不明4人。

9、、などの関東内陸でを伴う地震。

1)、死者40 - 130人。

(昭和8年)• また、利用したからと言って、必ず契約しなければならないということもないので安心です。

(明治31年)• (元禄16年)• 関連リンク• 一時が北海道太平洋沿岸東部に発表。

0)、・で最大震度6弱。

0、陸奥で山崩れなど。

(4年) (弘化大地震) - M7. 6、死者は倉川榎村で300余、京都で200余など。

三陸沖で地震 - Mj7. この堰止湖は40年後のの台風によって決壊し、下流において死者約1,200人の被害をもたらした()。

21

見直しで 20万円以上もの節約になることもよくあります。

家屋倒壊、死者ありと言うも、を転記した際に生じた誤り との説がある。

0程度、死者多数。

- Mj6. それに対して「海溝」は、プレートが急勾配で沈み込んでいく場所にできる、深く切り立った溝です。

5、肥後で潰家400、死者2人、筑後、豊後でも潰家。

日向灘で地震 - 3時34分にM7. 例えば、気象庁が名称を定めた「平成7年 1995年 兵庫県南部地震」による災害は、 政府として「阪神・淡路大震災」、「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」による災害は、政府として「東日本大震災」と呼称するなど、それぞれ地震を指す場合と災害を指す場合とで使い分けられています。

日本列島の周辺にはトラフとしては他に、沖縄トラフ、 相模 さがみトラフ、 駿河 するがトラフなどがあり、また海溝としては日本海溝、伊豆・小笠原海溝、マリアナ海溝、千島海溝、琉球海溝などがあります。

- M7. 北海道西南沖ので火山性地震。

- 7月 伊豆半島東方沖で群発地震 - に最大Mj6. しかし、 地震後 ( じしんご )に海岸をおそった 津波 ( つなみ )で多くの人が水死しました。

52