よ ふかし の うた 歌詞。 Creepy Nuts よふかしのうた 歌詞

以来、不眠症に悩まされている。 また、「投げ売って」という表記は、本来「擲つ」と漢字を当てる。 コウの血の美味さに感動し、今後もコウの血を吸うことを決める。 この昼夜の対比は、一般社会と深夜ラジオ、一般社会とヒップホップ界隈、ヒップホップ界隈と自身のヒップホップ観、など様々に拡大解釈することができる。 おそらく、この文脈で言う「朝帰り」とは、繁華街やホテル通いではなく、深夜に自分の部屋で行われている「大人の遊び」に興じて、やっと朝になってそれを止めるということではないだろうか。 「のはたしか」「俺はなにも」の部分にも[aai]は見受けられるが、発音的に意図したものではないと判断した。 また、今回のアルバムの表題となったことで改めて歌詞を見返してみた。 韻について。 繰り返しになるが、この曲はオードリーのANNの全国ツアーのテーマソングとして書き下ろされた楽曲だ。
44 80