唐沢貴洋の声。 唐沢貴洋 声

IP開示請求の基準が滅茶苦茶だったことから、「どんな書き込みなら開示請求されないのか」を実験するかのように誹謗中傷をほのめかすギリギリの表現に挑戦したり、逆に開示されることが一種のステータスであるかのように誹謗中傷をエスカレートさせるものもいました。

私は特異な事件を起こしたDが、どのような人物なのか知っておかなければいけないと思っていた。

その結果、掲示板と同じ現象、すなわち、面白がって「削除されないギリギリの表現」を狙ったカードが毎日のように投稿されるという現象が起こりました。

ネット加害者に知られた瞬間は今でも覚えている。

その私のもとに、Dが東京の警察署で勾留されているとの情報が入ってきた。

また、H君のカードについてはスルーし、自分のイラストの使われたカードのみを削除させたことが批判を集めました。

27 1