サスケ 結婚。 NARUTO 考察 サスケが香燐じゃなくてサクラを選んだのは

いのを含む第10班のおかげもあって音忍を退け、事無きを得る事が出来たのでした。 サスケ の順に自動で名前がつくのですが、この4番目の「サスケ」から取ったそうです。 テンテン お団子頭に、チャイナ服がトレードマークの テンテンは 第四次忍界大戦後は、忍びを続けながら、武器屋「 忍具転転転」を営んでいます。 簡単には取得できません。 アカデミー時代の彼女の髪型は、長髪です。 サスケさんは パズドラや モンスト(モンスターストライク)といったゲームの実況を主にされているYoutuberです。 チャクラを必要な時に、必要な分だけ拳に集める技術が必要で、これはチャクラコントロールが得意なサクラに合った戦闘スタイルといえるでしょう。 早く働いて女手一つで育ててくれたお母さんに楽をさせてあげたいという思いが強かったんですね! 漆原裕治さんのような優しい男性に育て上げたお母さんも、頑張ってきた甲斐があるというものです。 彼らの結婚のシーンはありませんが、BorutoエピソードXNUMXに表示されている写真があります。 しかし、サクラは瞬時に断ったので、リーは敢え無く撃沈……。
52
声優の三瓶由布子、竹内順子、菊池こころ、中村千絵、小野賢章、森久保祥太郎、原作・製作総指揮の岸本斉史が登壇した。 のちに 男の子が生まれ、「 いのじん」と名付けられました。 2人共埼玉県出身で、2000年から活動を 始め2009年まで第一次活動期を迎える。 ナルトの簡単な考察です またサスケとサクラに関してです 第2部に入ってからも サスケのモテモテぶりはまだありました 新たにサスケを好きな女が出てきたわけです それは香燐 ナルトと同族の女子で サスケがイタチへの復讐の為に集めたメンバーの一人 優れた感知能力を持ち高い生命力と自分をかませることで回復させる能力を持ってるという 性格的には変態っぽいですが サスケを想う気持ちはけして偽りではなかったと思います またもサクラに新たなライバルがとも言えます 最も実際にかかわったのは 鉄の国の話でサクラに治療されてた時ぐらいですが 作中では彼女とサスケが結ばれることも応援してた人も結構いました 少なくともサスケに殺されかけた時の一件が大きかったのではないかなあと そしてなお殺されかけてもサスケに怒りを感じつつもまだ好きでいてなおついていった サスケが死にかけてるのを感じた時もうずまき一族の力を開花させ助けに行こうともしましたしね それを見てけして香燐の想いが偽りだったとは言えない にも関わらずサスケが選んだのはサクラだった これに疑問を感じた人たちもいたようです サクラはサスケの為に大したことはしてないとか 香燐の方がサスケを助けてるとか 彼女の想いの方が深いとか など色々な意見がありました 個人的に想いの深さを比べる事自体間違ってる気もしますが ただサクラがサスケの為に何もしてやれてないってのは違うような気がします それはたまたま機会に恵まれてなかったにすぎないでしょう なにしろ作中サスケは里を抜けてたし ナルトもサクラもサスケを連れ戻すために必死だったけどそう簡単には会うことも出来なかっただけ むしろあれだけ必死でサスケを追う事を考えると何もしてないなんては言えません それに香燐はサスケに協力を求められたからという違いにすぎません 力の開花も想いの違いではなく特別な力を持ってたかどうかの違いです サクラはサクラでサスケの為に持てる力を限界まで振り絞ってましたし そう思うとそういう方向で比べるのは違うかなあと思いました それに作中見てると サスケの方はサクラよりの気持ちになってるようにも思えます 第1部の時サスケはサクラが一緒に里を抜けると言ったのに対しそれを突き放しました これはサクラを修羅の道に進ませたくなかったからでしょう でも香燐はあっさりとまきこんだ 同じように大蛇丸の部下だったからというのもあるでしょうけど 平気で巻き込めるという時点で香燐に恋情はなかったともいえます それに過去サスケは復讐の為に香燐もろともダンゾウを殺そうとしました 香燐は結果的に助かったもののあの時死んでもいいと思ってたのでしょう だけどサクラに対しては少し違う 彼女を殺そうとしても少しだけ躊躇してたようにも見えましたし なによりナルトとの最後の決戦で サクラの告白を聞いた直後 サスケはサクラを幻術で眠らせるだけにとどめた事 うざいとはいったが殺さなかった もし孤独になりたいのなら殺せばよかった そうすればナルトと本気で殺し合えてたかもしれないのに それをしなかったのは無意識にサクラがまだ大切な存在だったからなのではないかと あの後サクラに好かれる道理も好きになる道理もないと言ってましたが わざわざ道理で言いわけしてるあたり 強引に理屈をつけてサクラを突き放そうとしてるようにも見えましたしね 現状二人を見ると想いの深さにはそれほどの差はないかなあとも感じました では何がサクラと香燐の勝敗を分けたのか これはサクラが一般人であるのに対し 香燐がサスケと同じ無法者と言う立場だったからじゃないかと これは香燐とサクラでサスケを想い続けることの苦しさの違いに大きな差があるのだと言えます サクラはサスケを想い続けるのが難しいのに対し 香燐は逆にサスケを諦めることが難しかったといえます 香燐の方で言うと大蛇丸の部下という立場で正直周りにまともな人間がいたとも思えない サスケぐらいしかまともな男がいなかったのではないかと だからサスケに協力を求められて喜んでついていったし 殺されかけてもサスケしか頼れる相手がいなかったのではないかともいえます だからサスケを諦めないでいることが苦ではなかったのではないかと むしろ諦める方が後々苦労することにもなりえたし それに対しサクラは逆で いっそサスケを諦めたほうが楽になれてたんです 里を抜けて無法者になってしまったし 戻ってきても想いが届くかどうか分からないし 挙句に国家的な犯罪者になってしまった そんな相手を愛し続けることがどれだけ大変なことか サクラは普通に日のあたる世界で生きられているわけだし それにサクラがサスケを諦めて他にいい男を探すという選択も出来たはずです 自分を好きだと言うナルトやリーもいたし (最もナルトはサクラがサスケを諦めることを許さないのだが) 諦める方が賢い選択だったともいえるんです でもできなかった それはサクラがサスケを心から愛していたからなのでしょう そういう意味で言うとサクラの方が香燐よりも深い愛だったのかもしれないと それにサスケを闇から救うには同じように闇に生きてる者ではだめだったのかもしれない 香燐には悪いけど彼女はどれだけサスケが闇に落ちてもついていくといっただろう それもまた深い愛だと言えますが 明らかに間違った道に進もうとしてるのを必死で正そうとするのもまた深い愛なのではないかと だからサクラでなければ闇から救うことが出来なかったのかもしれない 実際に闇から救いだしたのはナルトでしょうけど この先闇に落ちないようにさせるのがサクラの役目だったのかもしれない では. この仕草や言葉は兄のイタチがサスケによくやっていたもので、サスケにとっての最大限の愛情表現となります! サクラとサスケの娘、サラダとは? サクラとサスケの娘、サラダはメガネをかけたかわいい女の子です。 おそらく、任務や戦闘に支障がない髪型にしているのでしょう。 「うちは…うちはサクラ役の中村です」と挨拶すると祝福の歓声が飛び、その後も「サラダがかわいくて…。
17