李 医師。 新型コロナを告発し罰せられた医師。死後に「処分は不当でした」と発表、その本当のワケは?(宮崎紀秀)

人々がウイルスの原因を探り始めると、早くから警告を行っていた人物がいたことが明るみになった。

この憲章は,「医療を取り巻く社会・経済環境がきわめて厳しいという認識の下に,では新時代における医師の責務とは何か」ということを謳い上げた宣言書である。

多くの警備関係者が集まり、李文亮医師の墓には近づくことはできないようです。

李医師はウイルス発生と感染症の深刻度に関する中国の透明性の欠如を表す国際的な象徴となったことで、中国政府は潜在的に致命的な新型ウイルスについて警告した同医師に訓戒処分を下した言い訳を並べるのに躍起になった。

記者の方はこちらのもの(こちらを元に流布されたもの)を参照したのでしょう。

2021年1月にニューヨーク・タイムズ紙が伝えたところでは、李医師の死後まもなくして、中国当局は武漢市を震源地とする感染症流行対策の初動の遅れに対する国民の批判を鎮圧しようとしたが、当局は1年経った現在もその取り組みを続けている。

勤務先の病院に患者が隔離されたことから、それを「SARS」として、グループチャットで同僚の複数医師に対して送信。

「処分は不当」と調査結果 李医師は、不正などの内部告発者を意味する英語のホイッスルブロワーを中国語に訳した呼称で国内でも讃えられ、勇気ある行動ゆえに同医師が受けた処分に対しては、怒りの声が上がっていた。

ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題. 公安局が同医師の訓戒処分を撤回した後も、中国の批判鎮圧への取り組みは続いた。 その結果とは「情報隠し」が引き起こした感染拡大だ。 援助が欲しいというインターネット上で広まっている噂は虚偽のものです。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• さらに微博のユーザーらは6日夜、国内の報道関係者らに対して李医師の死亡を大々的に報じないよう求めた「報道指示」とされる通知のスクリーンショットを投稿。 この調査結果に対し、ネット上では「真相が明らかになった」「国家を信じ、調査結果を支持する。 防疫対策をすすめる中国では「人々が心を一つに」などのスローガンが掲げられている(2020年3月4日北京にて筆者撮影) 「口封じ」が招いた結果は検証せず しかし、この調査結果は、重要な点に触れていない。 【2020年2月7日8時00分追記】李医師は治療を続けていましたが、2月7日未明に亡くなったため、記事末尾に経緯を追加しました。