経 皮 経 肝 胆嚢 ドレナージ。 肝臓膿ドレナージ

アメーバ赤痢は発展途上国で流行している感染症です。

そういう意味ではあなた のご家族? はもともとの状態が少々重症であったということができるように思います。

特に、臥床時だけでなく、歩行時にも自然に排液が流出、落下するように固定する。

だからあなた自身の病状に対して「大丈夫です」とも「厳しいです」とも断言することは出来ません。

安静への援助 ドレーン挿入後は、2~3時間は臥床安静で、24時間はベッド上安静となる。

47

したがって、胆汁量,チューブの固定状況のチェックは必須である。

5日前に胆嚢炎&胆石で入院し、翌日経皮的胆嚢ドレナージを行いました。

進行した場合は、ショックを起こしたり、 汎発性血管内凝固症候群(DIC、微小血管内で血栓が多くできて、全身の臓器障害や重篤な血圧低下をきたす)に移行したりして 命に関わる恐れがあります。

そこに医師の存在価値があるのだと私は思っています。

昨日から心窩部痛が出現し、次第に増悪してきたため受診した。

本日就寝前に発熱と右季肋部に強い痛みが出現したため救急外来を受診した。

[引用・参考文献] 1 高岡亮:胆道ドレナージ.日本消化器内視鏡学会監修,日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会責任編集,消化器内視鏡ハンドブック,日本メディカルセンター,東京,2012:427434.. 経皮経肝胆嚢ドレナージ(PTGBD)とは、急性胆のう炎による疼痛や肝障害に対して、胆のうに貯留した胆汁を、体の外に排泄させるために、細い管(ドレナージチューブ)を挿入し治療する方法です。

34