三浦半島 異臭騒ぎ。 三浦半島で相次いだ「謎の異臭」 菅首相の近辺にまで到達

上記の5物質以外にも、有害大気汚染物質のうち環境基準値または指針値が定められている物質を分析しましたが、いずれの日も分析結果は環境基準値または指針値を下回る濃度だったとのことです。

26年に内務省社会局が編纂(へんさん)した『大正震災志』所収の「大正十二年九月一日大震後相模灘水深変化調査図」には、三浦半島の「浦賀」付近、現在の横須賀市観音崎や鴨居地区周辺の沖合に《瓦斯(ガス)噴出》、南端の「三崎」付近、現在の城ヶ島東部の沖合にも《一時瓦斯噴出ス》と記述がある。

16日に「異臭」は横浜と同じ物質が検出されたと発表。

県民の皆さまへ 情報は神奈川県公式ホームページより 令和2年6月以降、横須賀市の東京湾側を中心に、三浦半島から横浜市にかけた広範囲において、「ガス臭い」、「ゴムの焼けたようなにおい」といった異臭の通報が複数日寄せられています。

6月4日当時は250件もの通報が相次ぎ、横須賀市が公式ツイッターで情報を投稿する事態にまでなった。

私たちに身近なガソリンはを沸点の違いによって分離することで得られ、常温においては無色透明の液体で、揮発性が高く臭気を放ちます。

噴出付近の植物が枯れているかも知れません。

それが夕方の海風に乗って横須賀〜横浜へ流れたのかと予測しました。

日本中で言い伝えられている俗信や迷信などを集めた鈴木棠三・著『日本俗信辞典 動・植物編』(1982、角川書店)を紐解くと、「鯰(なまず)」の項に、以下のような記述がありました。

地震の前兆と言う人もいるけど、そうでなくてもいいから、何かしら発表があっても良いと思う。

29

「ガスのような臭いがする」 警察、消防に260件の通報が次々寄せられた。

— Yahoo! しかも今回、異臭騒ぎの間隔が次第に短くなってきている。

これらの警鐘が杞憂に終わることを願う一方で、大震災への備えだけは怠ってはならないと思いました。

日本の天然ガス埋蔵量の9割を占める国内最大の大きなガス田だ。

ネット上では「巨大の予兆」ではないかという指摘が多く見られるようになっているのも、消去法で考察すればもうそれしか残っていないということなのかもしれません。

このが発生した場合、私がのデータをもとに計算したところ、47万人以上の死者が出る。

神奈川県ので、巨大の兆候が現われたのだという。

市内の広い範囲から8件の「ガス臭さ」を訴える通報があったそうです。

---------------------------------------------------------- ------------------------------------ 環太平洋文明研究センターの 特任教授(災害リスクマネジメント)は、日本列島全体でみた場合、巨大が起きる可能性は「極めて高い」と語る。

江戸時代の人たちが教えた「ナマズ」や「磁力の低下」という地震の「前兆」が、現代の地震予知研究に役立つ日がくるのかもしれません。

33