トリカブト 保険 金 殺人。 38歳女性が「トリカブトの毒」で殺された…巧妙すぎる「保険金殺人」の裏側(佐藤 喜宣)

・犯人・神谷力の生い立ちを知りたい。
再反論のために、検察はにカプセルで効き始める検証を依頼したが、カプセルを二重三重にしても5分から10分程度しか遅らせられない事が判明し、神谷の主張が正しいかに思われた これをきっかけにマスコミも大きく報道し、 神谷はまずいと思ったのか、いったん訴訟を取り下げに身を隠す
三井生命、45百万円を契約 利佐子さんは結婚前、池袋のクラブでホステスをしていた
後に、 その女性には多額の保険金がかけられていたことが発覚 法廷に理香子さんの身体を解剖した琉球大学法医学の医師が新たな証人として登場し 「理香子さんの死因は トリカブト毒による中毒死です
その理由は 犯人の神谷力が 最後まで無実を叫び 真実を語らなかったことがあると思います (文=深笛義也) 当時の記事を読む• 奥さんは神谷からサプリメントとしてカプセルを渡されていました
なぜ沖縄県に行ったのか? ということが詳しく書かれているサイトは 見つけることが出来ませんでした — 光惟 菓子暦 cwjkd 利佐子さんは心臓が原因であっても心蘇生に全く反応しないことは極めてまれでした
また、神谷が福島県の高山植物店でトリカブトを62鉢買ったことがあることも判明した その毒入りカプセルを「強壮剤」と偽って、 神谷は利佐子さんに飲ませていたのです
そして二ヶ月も経たないうちに理香子さんは死亡した ところが、妻の血液を分析していた大野が、公判でアコニチンとテトロドトキシンの配合を調節することで互いの効力を弱めることができると証言した
3人目の女性が亡くなった時に 犯人が殺害を疑われましたが 完璧なアリバイがあったため 事件の解決は困難を極めていました さらに自然豊かな石垣島へ行く旅程だが、神谷力は「急用を思い出した」と、那覇から大阪へ帰ってしまう
40