かたっ ぽ ちゃんと かたっ ぽ ちゃん。 『ちびまる子ちゃん』でおなじみキートン山田が語る「引退の理由」と「第3の人生」(週刊女性PRIME)

今日は昨日に引き続き、「ニューヨーク留学について. 館にやってくる子どもたち(おとなたちもですが)が、子育ての母猫の姿をじかに見ることは、大きな意義があると思います。

「番組が好きで入り込んでいたら、自然に出てきた。

今日は、私なりに感じた アメリカの中でも真逆に位置し、全く環境が違う「ニューヨーク」と「ユタ州」との 英語の違いを記事にしてみました。

真っ黒でしっぽの長い男の子です。

と思うくらいでした。

私が子供のころ、飼っていた猫が子育てをするのをみたことがあります。

まさに、全身全霊をかけて、子供を育てる姿は忘れられません。

それでも姉ちゃんはしばらく精液を 搾り出すようにポコチンを揉み続けてくれた。

持ち込まれた仔猫たちを見てびっくり。

テスト等は受けてるみたいですが、会議室とかでやってます。

90
美術館に電話がかかってきました。 その夜、モモちゃんは、んーーーーんっ、んーーーーんっと、声を殺して泣いていたそうです・・・。 」 「そう、男の子はみんな自分でするのよ。 最初は、15秒の番宣のためのナレーションだと思っていたら(後日)レギュラーです、と言われた。 」 郵便局のおばさん:「? もう一回いい?」 私:「チョコレートです。 ただ、ユタ州はモルモン教の州という特殊な場所なので、 ほとんどのモルモン教信者の方は20歳位の時に宣教師として世界各国に行って モルモン教を広めようと2年現地で活動するというミッションがあるらしいので、 大体の方が、英語以外の言葉を話すのですが、 (ちなみに「どこどこさんちの誰々さんは宣教しに日本行ってたから日本語を話せるよ〜」とよく聞きますが、 まだ一度もそういった方とお話した事はありません。 このブログを読んでくださるかたの多くがそれをわかってくださると信じます。 モモちゃんを紹介した意図をわかっていただけて嬉しいです! >ももさん ふたたびコメント、ありがとうございます! 殺処分と別に考えたい、と書いたのは、モモちゃんの子育てのことです。
70