メガテン d2 速報。 『D2メガテン』3.5周年プレ感謝祭が開催。記念公式生放送の配信も決定

お手軽さという面では若干きびしいところもあるが、それだけしっかりと、かつ長く楽しめるはず。

スマホゲームだから、ソーシャルゲームだからという理由で手を出していないという人も少なからずいるかもしれない。

著作権者の許可なく複製、転載等の行為を禁止いたします。

アウラゲート(『メガテン』伝統の3Dダンジョン)• このプレスアイコン=行動回数の駆け引きによって、スリリングかつテンポのいい戦闘を楽しめるわけだが、『D2メガテン』においては、さらにバトルスピードという要素を付け加えることで、独自の深みを与えている。

4

デビルバスター(強化素材を収集するクエスト集)• クリアしたクエストであれば、スタミナが続く限り同じクエストを周回し続けることも可能で、悪魔のレベリングや烙印集めなどはこれで回すことになる。

相手の弱点をつくのはもちろん、何もせずに行動をパスして次のキャラクターへ順番を回すとプレスアイコンの消費が半分となり、より多くの行動がとれるようになるというシステムが特徴的で、属性相性を意識して的確に攻めれば一方的に攻撃できる。

使用できるスキルと召喚時に付いてくる継承可能スキルが異なる)まで指定できるという至れり尽くせりな仕様。

また、2年前に育成した悪魔たち、集めた烙印などの資産が今でもまったく無駄になっていなかったのも、個人的には高いモチベーションを保てている理由のひとつだ。

本サイトに使用されている画像、文章、情報、音声、動画等は株式会社セガの著作権により保護されております。

【注目ポイント】• 秋葉原からスタートし、新宿や渋谷、池袋といったおなじみの街を行き来しながら、話は進んでいく。

98
さらに自身を含む味方が攻撃を吸収したとき、味方全体のHPとMPを回復 まずはストーリーの舞台
クエストクリアで1000ジェムがもらえる記念クエストを実施• この烙印は装着部位が頭、右腕、左腕、胴、足の5箇所に分かれているほか、種類も付与効果も多いため、管理するのがなかなかたいへんなのだが、一括解除やほかの悪魔との付け替え、おまかせ装着機能などが追加されたため、初期に比べるとだいぶ楽になった これは思念融合という、同じ悪魔を重ねることで強化するシステムが追加されたことによる措置でもあるのだが、いずれにしても、最初の1体をゲットしやすくなったのは間違いない
多くのシリーズ作品(時代は前後するが)と同じく、現代の東京を冒険することになる このバトルスピードによって、先攻するか、後攻するかをコントロールできるというのが大きな特徴だ
今回、復帰してみてあらためて感じたのは、数あるスマホゲームの中でも群を抜いてゲームとしてのクオリティが高いということだ ジゴクパーク(全100層から成る踏破型クエスト)• このように、貫反の霊圧と貫吸の気魄をあわせ持つのが特徴で、それぞれにさらなる付加効果もあるという最高グレードの名に恥じない強力な悪魔となっている
ただし、その大量の特典をしっかり受け取っておかないと、後でプチ後悔することになるのも確実 とはいえ、決してテクニカルな悪魔ではなく、反射、吸収の選択が不要という部分で、むしろグッと編成の難易度を下げてくれるので、上級者はもちろん、ライト層にもおすすめの悪魔
16