イド と エゴ。 意識と無意識

「エゴ」という言葉が一般的に知られるようになったのは、哲学および精神分析の概念として使われてからです。 超越論哲学における原理でもある。 現実機能は大きく「 現実検討」と「 自我境界」の2つの機能があります。 しかし、成長するにつれ選択結果が意識できるようになる。 分かりやすく言うと、どんなに頑張っても私たちには紫外線は見えない、また高ヘルツの音波を感じることもない(図2)。 「死の欲動」とは人間にはもともと死を望む欲動があるとするもので、「生の欲動」とは性の欲動と自己保存欲動を含んだ、生きようとする欲動のことです。 イドには動物として生きていくために必要な生存欲求や衝動(敵意や性的欲求、愛の欲求など)が入っています。 そこで現実の社会にうまく適応していくために、自我がイドと超自我の両方からの要求を調整しているというわけです。 そして、フロイトの精神分析学が古典的で非科学的という非難を受けながらも、なお現代でも有用である理論的部分として、 『エス・自我・超自我の相互作用(欲望を充足しようとするエス・欲望を抑圧しようとする超自我・両者を調停しようとする自我のせめぎ合い)』があるのです。
14
この点において、集団としての文化の発展と個人としての文化の発展の二つの過程は、かつてもそうであったように、常に連結している」。 フロイトの古典的精神分析によれば、自我はイドから派生したもので、肛門期にトイレット・トレーニングなどの基本的生活習慣のしつけを通じて、現実検討力や欲求不満耐性を身につけることでその基盤を発達させます。 更には、『自分の楽しみを妨げる者や自分を不快にする者を攻撃したい』という攻撃欲求や『お金が欲しい。 NO3さんが指摘している通り、あくまで仮説構成概念ですのでどんな説明でもできるのですが、質問者様の言う「日常の中の人の行動についての説明」であれば、より分かりやすい場面を取り上げると、説明される側も理解しやすいかもしれません。 あなたが最初に迎えたエンディングがどっちだったかで、どれがよくわかる、 IDエンド IDエンドを最初に迎えたあなたは衝動派だったのだ。 よく似たフロイトの理論の中に局所論というものがあり、これは意識・前意識・無意識という3つのこころの領域があることを示す理論です。 844• 精神分析学者の フロイトは、人間の心は「イド」「スーパーエゴ」「エゴ」の3つの領域からなると考えました。
39