ボクシング マスター。 本田秀伸

カウトンドクワはポイント劣勢は分かっているはずなのにラウンド中盤アンドラーデに圧力をかけられ下がってしまう。

9ラウンド オーソドックスでラウンドを始めるアンドラーデは鞭のようなワンツーを放り込む。

開店記念日の11月22日は20年前、2階級制覇を狙ってWBA世界フライ級王者ホセ・ボニージャ(ベネズエラ)に挑み、壮絶に散った因縁の日 MACC出版「追悼グラフ特集 五輪金メダリスト桜井孝雄死す」『アイアンマン』3月号増刊(『』3月号)、フィットネススポーツ、2012年2月15日、 118頁
2014年4月8日閲覧 9月19日、でのジュニアバンタム級(現在のスーパーフライ級)4回戦でからプロデビュー
なお、この試合に勝利した名城はその後、7月22日に8戦目でWBA世界スーパーフライ級王座を獲得する ラウンド中盤には軽く右を被弾したアンドラーデがコンビネーションで倍返し
貴重な体験でした 同年12月28日の再起戦では日本スーパーフライ級9位として日本3位のとバンタム級6回戦を行い、2Rにダウンを奪って3-0(59-55、59-55、58-56)の判定勝利を収めた
来歴 [ ] 、でボクシングを始め、高校日本一となった 上京したての元世界王者坂田健史選手にバイトも頼んた
24 43
第25代日本王座(防衛6) 脚注 [ ] []. 日章学園ではボクシング部主将を務め、フライ級で10位の成績を残し卒業後、大阪のへ移籍した。 ジムの先輩・や、東京に出稽古した際ののらとので実力や技術を蓄えていった。 11ラウンド アンドラーデは圧力を強めるカウトンドクワを軽くかわして左ボディを打つ。 裁判沙汰となり、東京地裁で証人喚問を受ける。 10月25日、14戦目で日本フライ級王者に挑戦し、10回判定勝ちで王座を獲得した。 ボクシングマスター金元孝男ブログ 2010年10月29日. カウトンドクワのパンチは重そうだがアンドラーデとは大きなスピード差があり当たらない。
14