肝 嚢胞 原因。 肝嚢胞とは?原因・症状・治療方法を知っておこう!

62
ただし意識のある状態でこれらの手術を行う場合痛みを伴うため、最近では新たな治療法として全身麻酔をかけてから腹腔鏡下手術を行い、袋を切除する方法なども行われています。 腹腔鏡手術はより患者さんの体への負担が少ない手術方法です。 この記事で書かれていること• 症例 80歳代 女性 肝右葉にT1強調像で低信号、T2強調像で著明な高信号を示す嚢胞あり。 境界が明瞭な円形〜類円形の病変で、内容物は漿液性の液体貯留であり、均一な水の濃度を示します。 この肝嚢胞は、ほとんどは無症状で、経過観察の必要もないものですが、稀に症状を起こすことがあります。 そこで今回はこの 肝嚢胞について、疫学から、原因、症状、画像診断、治療について、実際のCTやMRI画像やイラストを交えながらまとめました。 腹部エコー検査(超音波検査)• 原因 B・C型ウイルス性肝炎からの進行が大半ですが、慢性肝炎、お酒の飲み過ぎ、自己免疫性肝疾患などから進行する場合もあります。