アイフォン 機種 変更 データ 移行。 iPhoneの機種変更時に注意したいメッセージ移行

カードを Apple Pay に追加する。

「Apple Trade In」とは、使っていたiPhoneを下取りに出せるプログラムです。

GmailはiPhoneの「メール」アプリに、GoogleカレンダーはiPhoneの「カレンダー」に登録できます。

Lightningケーブル iPhoneからiPhoneへ機種変更する際に必要なのは以上の3つです。

iPhone にクイックスタート画面が表示されるので、Apple ID を確認し、「続ける」をタップする。

Clipboxを起動して「カメラロール」へと進み、iCloud Driveから保存したファイルを選択して「保存」をタップしてください。

iPhone をご購入いただいた直後の場合は、本設定は不要です。

iPhoneの機種変更で気になるところは、機種の価格、毎月の料金の心配もありますが、 しっかりとデータの引き継ぎができるかどうかが不安に思う人も多いでしょう。

ですから、機種変更前に使っているiPhoneのストレージ使用量がどれくらいなのか、新しいiPhoneのストレージ容量を超えていないのかを確認しておきましょう。

「iCloud」をタップ• 【データ移行】新しい機種をすぐに使いたいけど、データ移行は時間がかかって面倒!そんな時にオススメなのが、ドコモデータコピーアプリ。

70

「メール」の設定を行うときに、同時に連絡先やカレンダーも登録することができます。

「設定」アプリを開く• iCloudにログインしたら、データが引き継げているか確認しましょう。

しかし、iPhoneはSDカードに対応していないため、一旦パソコンを経由しなければいけません。

今回はiPhoneの「復元」時にまつわるトラブルの対処法を中心に紹介しよう。

対象のスマホを36回分割払いで購入• その際は、適切な処理を行いましょう。

クイックスタート機能によって、旧iPhoneと新しく購入したiPhone同士をかざすだけで初期設定が完了し、iCloudからの復元ができるようになりました。

これまでデータ移行の経験が無い方でも出来る内容となっていますので是非参考にしてみて下さい。

「最新バージョンの確認」をタップ• 多くのSNSアカウントは、ログインIDとパスワードさえ間違えなければ機種変更しても問題なくログインできます。

60