とり も も 山本 ゆり。 料理コラムニスト山本ゆりさんの早うまレシピ|マルコメ

少々 (あれば) 作り方• 「酸味がマイルドになり、にんにくやバターを入れなくてもコクのある味わいになります」と山本さん。 お弁当にもおすすめです。 ——レシピのポイントを教えてください。 水に15分以上(できれば30分~1時間)さらす。 じゃがいもの水分をきちんと飛ばしておかないと、フニャッとした仕上がりになってしまいます。 和風だしと水120ml(分量外)を入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で7分ほど加熱し、裏返して6分ほど加熱する。 フライパンにサラダ油を熱して並べ、こんがりしたら裏返す。 フライパンをキッチンペーパーでふいてBを入れて弱火にかけ、ネギに少し火が通るまでいため、 1 にかける。 大根は全面がこんがりしたら取り出して塩、コショウをふり、鶏肉は全体で6分ほどかけて揚げ焼きにし、油をきる。

水4分の1カップを加えてふたをずらしてのせ、水分がなくなるまで蒸し焼きにし、器に盛る。

<POINT> 顆粒だしを加えた水で下ゆですれば、大根の芯までしっかり味をつけられる (2) 鶏肉はひと口大に切り、フォークを全面に刺す。

副菜には「ポテトとほうれん草のホットサラダ」がおすすめだそう。

そのひとつ 「トマトポーク」のレシピをご紹介。

じゃがいもを水によくさらしてでんぷんを落とし、• (4)の大根とともに皿に盛り、残ったタレをかけ、万能ネギを散らす。

2、フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、たらを焼く。

時短料理に使いやすい食材は、 キャベツ、もやし、きのこ、卵などだそう。

12