エピ ガロ カテキン ガレート コロナ。 前回の記事、『緑茶のエピガロカテキンガレートが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用が高い事が発表されました』一部修正しました

静岡県総合保健センターが発表した自治体別の統計によると、脳梗塞・脳内出血・虚血性心疾患などの5項目において、掛川市はどの項目についても県平均より患者数が少なく、健康指標に優れた地域であることがわかります。

99
EGCGおよびその他の関連カテキンは、フリーラジカルによって引き起こされる細胞の損傷から保護する可能性がある強力な抗酸化物質として機能します( 1. それを補ったのが茶である。 この病気、治療法が確立されてないので軽症は放置され勝手に治せということで、肺炎が出なかった人で放置されて苦しめられている人はそれなりにいるとおもう。 実際、緑茶を飲むことに関連する数多くの健康上の利点は、通常、そのEGCGコンテンツ( 1. 水出し緑茶の主要カテキンであるEGCは過酸化水素を生成する 図1。 緑茶を飲んでいる人が大腸ポリープの再発率が低いことがわかりました。 カテキン茶で使われるカテキンにも種類がある? 実は、緑茶に含まれるカテキンといっても、いくつか種類があります。 研究結果では、新型コロナウイルスの治療薬として既に投与が始まっている2種類の成分と緑茶カテキン:EGCG(エピガロカテキンガレート) を含む18種類の成分を比較したところ、緑茶カテキン(EGCG が、抗ウイルス作用が最も高いと結論しました。 に含まれており、ではEGCGがに変換されているため含まれていない [ ]。 茶カテキンによる脳卒中予防効果・脳障害軽減効果は茶カテキンがもつ、血圧を上昇させるホルモンの生成を抑える作用や、脳卒中が起きた時に生成される活性酸素を除去する作用が関係していると考えられます。 発表論文等: 1 Monobe M. EGCGは正式にはエピガロカテキンガレートとして知られ、カテキンと呼ばれる植物ベースの化合物の一種です。