岩手 県 交通。 岩手県交通

後述するように1974年には会社更生法の適用を申請することになるが、その時点で花巻バスの累積赤字は1億3,600万円、未払い賃金の合計金額は8,700万円に上っていた その後3月1日に会社分割
これを受け、1999年度に市の補助を受けの試験運行を開始、中型()を専用車両として購入した 採用期間の終わりについては、1994年発行の「BJハンドブックス」でこのカラーになっている 岩手22き428・498が1991年の転入車であるため、1991年までと推察できる
(平成16年) - 岩手県側の起終点が石鳥谷上町から紫波中央駅前に変更 バス乗換路線• 分離子会社を設立し、遠野営業所を移管
地元の中央バスに対する不信感は強まり、飲食店の一部は店頭に「中央バス社員お断り」と張り紙を出すほどであった 国際興業(担当)との共同運行
5 2007(平成19)年度 366 739 11,735 32. 河南営業所• 一関地区 [ ]• - 雫石営業所管内の路線において磁気カードの取扱いを終了 (昭和56年) - 盛岡駅南側にあった盛岡駅前営業所の機能を移転する形で、矢巾町広宮沢に矢巾営業所を新設
これにより県交通は人件費及び所有車両の管理・維持費の大幅な削減を見込み、ヤマト側には広大な岩手県内における自社営業車両の整備拠点の大幅な増加や業容拡大等のメリットが生まれることとなった ストライキや間引き運行が続き、沿線の住民からのバス事業者に対する印象は悪化することになった
跡地は町へ売却され、町営住宅として使用されている 市はこれを受け、度よりゾーンバス運行計画を開始し、バスターミナルを整備した
運行開始当初の岩手県交通はを使用していた 岩手県交通の路線として現在運行されているものとしては、に盛岡市内の路線で営業を開始した盛岡自動車とされている
遠野地区が早池峰バスへ移管されたことに伴い、同社の本社営業所となった 後に神奈中よりに運行を移管されたが、(17年)をもって撤退
沿線住民はバスがなくても通勤通学できる手段を用意し、沿線企業ではによる送迎を行うなど自衛手段に努めた (平成31年) - 電気バス(製)1台を導入、に配置し、同営業所管内の路線(イオンモール盛岡南線)でこの日より運行開始
59
岩手県交通の路線バス 名前順 225路線 盛岡駅前~あすみ野東 一関駅前~摺沢駅前 盛岡駅前~都南営業所 東前~ほたるヶ丘団地 滝沢営業所~県立中央病院前 盛岡バスセンター~岩手牧場前 盛岡バスセンター~岩手牧場前 盛岡バスセンター~厨川駅西口 盛岡バスセンター~よぼういがく協会 盛岡駅前~イオンモール盛岡南 盛岡駅前~イオンモール盛岡 一関駅前~磐井・南光病院前 一関駅前~イオン前沢店 一関営業所~一関駅前 一関駅前~立根 気仙沼市役所前~一関駅前 竹山~涌津下町 新浜町~上大畑 松園営業所~都南バスターミナル 松園営業所~盛岡バスセンター 松園バスターミナル~盛岡バスセンター 松園営業所~盛岡バスセンター 盛岡バスセンター~松園南県営アパート前 松園バスターミナル~盛岡バスセンター 盛岡バスセンター~松園営業所 盛岡バスセンター~東松園四丁目 盛岡バスセンター~北松園一丁目 盛岡バスセンター~松園バスターミナル 盛岡バスセンター~松園バスターミナル 松園営業所~上米内駅. しかしながら、この時期はまだ道路事情はさほど良くなかったため、と並行する路線では鉄道の電化・複線化には対抗力を持たせることができず、運行休止や区間短縮を余儀なくされた (令和3年)• スキーバス [ ] いずれも冬期限定運行
そもそも赤字の会社が合併しても黒字になることはなく、施設の共用など無駄を省くことで初めて合併によるメリットが表に出てくるわけだが、この状態では収支状況の改善は望めなかった (平成23年) - この日の出発便より山田町(道の駅やまだ)まで経路を延伸
、中央バスでは盛岡市内路線で県内初となるを開始した その公募概要から、国道106号線の旧型レーダー式オービスが撤去されることを予想していたが、案の定、今年に入って撤去工事が行われた模様だ
4月1日 - 盛岡中心市街地循環バス「でんでんむし」で初の値上げを実施 ワンマンバス運行開始
年表 [ ] 統合前 [ ] 岩手中央バス [ ]• - 岩手東部乗合自動車を東部バスに改称 『19 岩手県交通 岩手観光バス(早池峰バス)』BJエディターズ、1994年
運行開始当初は(神奈中)とを行っていた しかし、異なる系統で往復利用する場合には往復割引が適用されず、異なる路線ごとの片道運賃が必要であった((平成23年)出発便より併用往復割引が適用となっている
68
さらに賃金遅配という事態になったことから、労使関係は悪化してゆくことになる 利用者減少と労使紛争による疲弊 [ ] 1960年代に入ると、化との進行により、バス利用者数は減少傾向となっていった
カレンダー制運賃を4段階から5段階に変更 上記池袋 - 気仙沼間の系統と合わせ、2便体制で運行した
車両は独立3列シートのハイデッカー車両()が使用されるが、繁忙期には増便として北上営業所所属の貸切車両が充当されることもある 3月30日 - 盛岡 - 遠野- 陸前高田間の特急バスの内、岩手中央バスは遠野 - 陸前高田を廃止
(昭和51年) - 岩手中央バス(グループ)・花巻バス・岩手県南バスの対等合併により新会社設立 創業期から戦時統合まで [ ] 岩手県に初めてバスが走ったのは、に盛岡と宮古を結んだ盛宮自動車である
乗務員は大船渡営業所が担当(大船渡営業所の乗務員が釜石営業所に出勤) 沿線住民はバスがなくても通勤通学できる手段を用意し、沿線企業ではによる送迎を行うなど自衛手段に努めた
営業所 [ ] 盛岡地区 [ ]• (昭和51年) - 岩手中央バス(グループ)・花巻バス・岩手県南バスの対等合併により新会社設立 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 松園深夜線• (旧千厩営業所) 沿岸地区 [ ]• (昭和26年)• 国土交通省• 路線バス車両のについては、現在の盛岡地区の車両は前面・側面・後部すべての方向幕を使用しているが 、花北・県南・沿岸地区の車両については前面・側面の方向幕のみを使用して、後部方向幕を使用していない車両もある
当初は国際興業との共同運行を行っていた が、後に国際興業は運行を撤退し、予約・発券業務のみ継続している(ただし、多客期に限り、国際興業観光バスが増発対応している) 全席指定制(運賃設定あり)であった
- 高速バス「」運行開始 岩手県交通• なお、この時期に県内の同業他社の一つである県北バスでは、観光路線が多かったこともあり比較的経営は順調で、労使関係も良好であった
33