ラブ ストーリー は 突然 に 歌詞。 小田和正『ラブストーリーは突然に』ってどんな歌?意味について解説

河口恭吾さん『ラブ・ストーリーは突然に』の歌詞 ラブストーリーハトツゼンニ words by オダカズマサ music by オダカズマサ Performed by カワグチキョウゴ. しかし、今は、君との関係を更に進展させたいけど今の関係が壊れることに恐怖を感じて思いを伝えられない。 君が居たから僕の人生は幸せに満ち溢れたものになったよ。 柔らかく煮込まれた になる あの火 あの あのダシで 君に和えなかったら ら いつまでも 染み込まぬ揚げのまま. 君がこんなにまでして勇気を見せてくれているのに僕はというと恐怖心で自分の気持ちを伝えることから逃げ続けていたなんて。 でも、自信がないからありふれた言葉だと思い込んで黙り込んでしまう・・・。 こういう切なさが感じられるからこそ『失恋の歌』と勘違いされるのですが、歌をしっかり味わいながら聴くとそうではないのが分かります。 本当はもっと壮大な歌物語なんだけど、今は敢えて伏せておきます。 僕は絶対にこの日を忘れない。
62
出会った当時は何気ないきっかけだったからすっと自然に話しかけることができたのでしょう。 君が素敵だから素直になれないというのは言い訳で、自分の心の中では、好きでたまらない。 Jポップの名曲中の名曲を聴きたい人• ラブストーリーは筑前煮とは、で出来た、が作った歌である。 あの時に出会わなかったら今こうして一緒にはいられなかったんだな・・・。 なんと感動的なメロディ旋律だろう! 4つの時制による立体的構成 この歌の世界観が極めて奥深い理由の一つが、4つの時制が組み合わされている点にある。
73