徳島 新聞 ニュース。 県外ナンバー車に「あおり運転や投石」 徳島県内、新型コロナ絡み差別的行為

記者は市長選で内藤氏に肩入れ しかし、徳島市議の加戸(かと)悟氏は驚愕の証言をする。 県はそれぞれクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。 飯泉知事は21日に「感染リスクの高い地域との往来は危険」と、県外から人の往来を調べるために、県外ナンバーの数の調査を指示。 男性記者と女性市長。 まさに多様性を体現した存在であり、メディアが彼女に注目するのも当然だったと言えよう。 差別行為から自己防衛するため「徳島県内在住者です」と明記した車用のステッカーも販売されている。 「職員の個人的な件に関することですので、社としてのコメントは控えさせていただきます。
95
「昨年、内藤さんが市長選への出馬表明をした直後の、1月20日頃のことでした。 私はその徳島新聞の男性記者に電話で呼び出されたんです。 建設業のスペース工務店(小松島市)は、徳島市かちどき橋1の自社ビル屋上と外壁にLED大型ビジョンを設置した。 「週刊新潮」2021年4月8日号 掲載 外部サイト. 1日当たりの感染発表数として過去最多。 そこは内藤氏の自宅ではない。