火垂るの墓 戦闘機。 小5男子、火垂るの墓を見ての感想が・・・

併せて、この映画でとして登場したも人気を博した [ ]。

眼鏡をかけた、真面目そうな青年。

両映画の制作はスタジオジブリで同時に進行した。

released the film in Australia and New Zealand. 帯文:。

東映動画でも長編作品を2本同時に進行したことはなく、高畑・宮崎の信頼に耐える主要スタッフ(アニメーター)は限られており、人員のやりくりに制作側は苦慮することになった。

91