呉 越 同舟 意味。 呉越同舟の意味・使い方|四字熟語|趣味時間

。 さて、呉の国の人と越の国の人は、互いに憎み合っている。 これだけでは呉越同舟とは言わ 呉越同舟とは 仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいることの喩え。 あわやというその時、若い船客たちが呉人も越人もなく、先を争うように帆柱に駆け付け、ともに狂風や怒涛と戦ってロープをほどきました。 若い水夫が二人帆柱のロープをほどき、帆を下ろそうと駆け付けます。 今回の「呉越同舟」は前者のパターンで、中国春秋時代の武将『 孫子』が書いた兵法書である『 孫子諺義 』の中にその由来があります。 」 [ 現代語訳 ] 上手に兵を使用する者は、例えば、率然のようなものである。 船頭は必死に舵を取りながら船倉に入るようみなに大声で呼びかけます。 なお、簡単な補足ですが、中国春秋時代に存在した「呉」と「越」の両国は、長い間ずっと敵対関係にあり、国民同士の仲も非常に険悪でした。
61

例文4. 「呉越同舟」の意味 呉越同舟 読み:ごえつどうしゅう 意味:仲の悪い者同士がおなじ場所にいること 「呉」と「越」は、どちらも古代中国にあった国の名前で、お互いに敵国。

つまり、この意味をもう少し簡単に言い換えると「 ライバル同士がばったり遭遇してしまう」「 敵同士が同じゴールを達成するためタッグを組む」というイメージです。

この言葉は兵法書として有名な『孫子』に由来しています。

離婚寸前だった夫婦が、災害を前に「 呉越同舟」で乗り越えようとしている。

この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

つまりこれは部下である武将や兵士を動かすことにも関係しているのです。

「大同団結」 「利害が一致する事で、細かい主義主張を越えて協力し合う」という意味の類語になります。

本来いがみ合う者同士が危機に直面したことで仲良くなり、なおかつ、そのことで良い結果が生まれるのであれば、ある種「一石二鳥」と言える素晴らしい話ですよね。

85
ここは 呉越同舟でともに協力して試合を勝ちにいこうよ。 最悪だ…。 四字熟語には、ポジティブ又はネガティブのどちらか一方の意味で使うものと、どちらの意味でも使用できるものがあります。 率然は常山にいる蛇である。 ・2人は同じ営業課じゃないか。 しばらくして渡し船の帆はすべて下ろされ、激しく揺れていた船は落ち着きを取り戻しました。 「同舟」は、同じ船に居合わせること。 これだけでは呉越同舟とは言わないのです。 そういった意味では、危機的状況の「ピンチ」が 敵と和解する「チャンス」になったり、ライバルと協力することで ピンチな状況がチャンスになるという風に捉えてもいいかもしれませんね。 まあでも文化祭が終わるまでは 呉越同舟で我慢して頑張るしかないか…。
23