社会 情勢 と は。 【図解・社会】平成を振り返る、2018年10大ニュース:時事ドットコム

このような人口減少や過疎化により、地域経済の規模が縮小するとともに、商品等の販売店舗数が減少すること等により、住んでいる地域で日常の買物をしたり、生活に必要なサービスを受けたりするのに困難を感じる「買物弱者」の問題が生じています。

国家副主席には、高齢のため党中央の要職を退いていた習氏の盟友、王岐山氏が起用された。

同26日にも、元幹部6人の刑を一斉執行。
首相職には2021年の任期満了までとどまる方針だが、その後は政界を引退する。 特に人口構成に占める高齢者の割合の高まりは、高齢者による消費活動の拡大や高齢者向けの商品・サービスの充実に寄与する一方で、認知症等で判断力が低下した高齢者を狙った悪質商法の増加等、高齢者の消費者トラブルも増えていくことが懸念されます。 また、高齢者等のインターネットやICT機器を利用しない消費者との情報格差 デジタル・ディバイド も生まれてきており、情報リテラシーが不十分であることに起因する消費者トラブルも生じてきています。 トランプ氏は「1月か2月」との見通しを明らかにしている。 震源地に近い苫東厚真火力発電所が停止し、道内ほぼ全域の295万戸が停電するブラックアウトも発生した。
22
(約627KB):2010年1月30日 よく地球環境問題・環境対策に関連する言葉を聞かれるが、非常に緊急性の高い課題で、放置すると出遅れになる可能性がある 炭焼きの家の長男・竈門 炭治郎 たんじろうは町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた
自然災害により、被災した消費者の生活基盤が毀損され、生活関連物資の入手が難しくなるなど、消費者の消費生活に深刻な影響を及ぼすだけにとどまらず、自然災害の発生に乗じた悪質商法や義援金詐欺等の消費者トラブルも発生しています 基準をクリアしたように見せるため、中央省庁では障害者手帳を持たない職員や退職者を障害者に含めるなどのずさんな運用が目についた
訪日外国人と在留外国人 観光等を目的とした近隣のアジア諸国を中心とした諸外国からの訪日外国人の増加に伴い、訪日外国人の消費額も増加してきています 最大震度7を記録した同月の北海道地震では、厚真町を中心に41人の犠牲者が出た
規制改革、情報通信技術の高度化、国際化の進展等により、新しい商品やサービスが登場し、ますます消費者の利便性は向上してきていますが、他方で、消費者問題の複雑化や国際化、消費者トラブルに巻き込まれやすい消費者の増加等の新たな課題も生じてきたと考えられます 避難所で暮らす被災者は一時、1万2000人を超えた
さらに、日本の経済産業構造が地球環境問題を深刻化させています 消費者庁及び消費者委員会の設置後にも、2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震等の大地震、台風、豪雪・豪雨といった多くの自然災害が発生しました
外国との電子商取引の拡大により、消費者の商品・サービス選択の幅は広がりますが、他方で越境取引による消費者トラブルも増えていくことが考えられます 他方で、GAFA 等のPF事業者が提供するプラットフォームが巨大化し、利用者に対して優越的な立場を有するようになってきているのではないかと指摘されています
弁護人が期限までに控訴趣意書を提出せず、二審東京高裁は控訴棄却を決定 政府によるこのような規制改革等は消費者の利便性の向上にも寄与してきたと考えられますが、他方で料金メニューや契約内容がより多様化・複雑化し、契約に関する十分な説明をしないなど、事業者による不適切な対応を起因とした消費者トラブルが生じることも懸念されています
自由を求める気持ちが希薄で、「ルールを守る方がラクでいい」と考える若者たちが増えている Photo:PIXTA 一口に若者といっても、どうくくっていいのか意外と難しい 2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された
「情勢」は新聞やニュースなどでよく見受けられる言葉です 習氏個人の影響力がさらに強くなったが、「毛沢東時代への回帰を志向している」との批判的見方もある
本来なら法制度を整備・推進する立場にある中央官庁のモラルの低さが批判された
45

その後、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの批准手続きが完了し、発効条件を満たした。

・3月21日 土曜日 「ロジカルシンキング講座」 開催 ・3月28日 土曜日 「いいね!レモネードビジネス体験」 中止 3月25日小池都知事の感染症抑止に関する会見を受け 3月28日開催予定でありました「いいね!レモネードビジネス体験」を中止といたしました。

このような革新的な商品・サービスや新たなビジネスモデルの登場により、消費者の利便性はますます高まってきていますが、他方で新たな消費者問題も今後生じていくことが考えられます。

新たなデジタル技術やシェアリング・エコノミーの登場 近年では、デジタル化の進展により、IoT や人工知能 AI 等の新技術が社会実装され、より便利な商品・サービスが提供されてきているほか、新技術を活用した今までにない新たなビジネスモデルも登場してきています。

5月26日には文氏が板門店の北朝鮮側施設「統一閣」を訪れ、再会談。

第1部 【特集】消費者庁及び消費者委員会設立10年〜消費者政策の進化と今後の展望〜 第1章 消費者を取り巻く環境の変化と消費者問題 第2節 社会経済情勢の変化と消費生活 情報通信技術の急速な発展等により世界的にも社会経済情勢が急速に変化してきましたが、それに伴い日本の消費者の消費生活も大きく変化してきました。

日本と諸外国等との経済連携協定の締結等により貿易障壁が低下したことを受け、消費財の輸入は増加してきており、国内市場にも輸入品が浸透してきています。

規制改革等の進展 1990年代頃から政府において積極的に行われてきた規制改革等により、消費者に身近な分野においても規制の緩和や撤廃等が行われ、消費者にとって商品・サービスの選択肢が広がってきました。

20