案ずる より 産む が 易 し。 「案ずるより産むが易い」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「案ずるよりも『赤子の手をひねる』が易し」とした場合と比較して表現効果を考えてみるのもいいかもしれません。

49

徒労・無駄骨折・労多くして功少なし 「案ずるより産むが易し」は、「結果的にたやすかった」といういい結果になることを意味することわざなので、「結果的に報われない」という意味のある「徒労」「無駄骨折」「労多くして功少なし」なども対義語にあたります。

その他 「案ずるより産むが易し」に似ていることわざには、その他にも、 案じる子は生み易い/思うより産むが易い/案じるより芋汁/案じるより団子汁/案じるより豆腐汁 などがあります。

案ずるより産むが易し(あんずるよりうむがやすし)の意味は「始める前は色々と心配になり考えこんでしまうも、実際にやってみると想像よりたやすく出来る事」のたとえです。

「労多くして功少なし」の意味は「苦労ばかりが多くて効果が少ない」という意味です。

『大辞泉』の説明は次の通りです。

明日は私がダンスの発表会当日。

「無駄骨折」は「むだぼねおり」と読みます。

案ずるより産むが易しは人生を良くする魔法の言葉 いかがでしょうか、案ずるより産むが易しの言葉の意味や例文・教訓を生かした不安解消方法もご紹介いたしました。 「案ずるより産むが易し」の類語 窮すれば通ず 「窮すれば通ず」は「きゅうすればつうず」と読みます。 行動を起こす前から気を揉んで、自分には出来ないと決めつける事はおかしいですよね。 「剛毅」は「心が強く屈しないこと」、「果断」は「思い切りが良いこと」です。 「案ずるより産むが易し」は文語的表現で、「案ずるより産むが易い」ともいいます。 「骨折り損」ともいいます。 最後に、反対の意味を持つことわざを紹介する。 さっそく正しい使い方の例文を挙げてみましょう。 案ずるは心配する事を意味し、易し(やすし)は簡単であるを意味する言葉です。