アップル カー。 「アップルカー」は破滅への道? アップルがテスラの真似をしてはいけないこれだけの理由

しかしフィスカーは新たに「フィスカー・インク」を設立し、新型のSUV「オーシャン」と工場を必要としないという新しいビジネスモデルを発表し、自動車業界に復帰した。 ところが、アップルが2018年にグーグルの機械学習と検索部門のトップだったジョン・ジャナンドレア氏をスカウトし、2020年12月8日に同氏がプロジェクト・タイタンの新リーダーとなった。 ロボティクス関連では、複雑な自律テストシステムを可能にするフィクスチャとロボットソリューションを設計・開発・展開するエンジニアなどが募集されている。 これだけの大物をプロジェクトの責任者に指名するということは、それだけ重要な計画だということでしょう。 (ジャーナリスト 岸井雄作). そして2月初旬に入ると、米CNBCが「アップルと現代自動車ならびに傘下の起亜自動車との協議が最終段階にあり、アップルカーは米ジョージア州ウェストポイントにある起亜自動車の工場で組み立てられる見込みである」と具体的にレポートしたことで話題が一気に沸騰した。 金融情報サービス「Bloomberg」は、責任者であるボブ・マンスフィールド氏はプロジェクトの方向性を技術のみに焦点をあて、自動車全体の設計は行わない形に方向転換したと述べています。 リース業者も「スティーブ・ジョブス所有の車両」というプレミアム価値を乗せて販売できたので、まさにWin-Winの関係だったのだ。 納車は2022年後半の予定だ。
73

そりゃそうだ。

アップルカーは、どこがつくるのか? ブルームバーグが2021年1月8日、。

またApple Carについてはこれまでに、商用の移動サービス向けや宅配向けを想定しているという報道もあった。

その点からも、一連のアップルカー報道には大きな疑問符をつけざるを得なかった。

不具合は命の危険に直結するのだ(naka Adobe Stock) なんといってもクルマの開発には最低600億円。

「完成車事業に参入することは、単純に自動車を作る技術だけを必要とするのではない。

このところアップルの自動車参入というニュースがメディアを賑わせていますが、実は当事者であるアップルは自動車参入について公式な発表は一切行っていません。

東証1部に復活したばかりで復活ののろしとするには最高の打ち上げ花火になるだろう。

88
月曜日に東芝株が爆上げするのを指を加えて見ているしかない 残念 こんばんは アメリカにおける同社のシェアは、2015年以降の合計販売台数の1%にも満たない
豊田社長は「アップル社が自動車事業に参入することは歓迎するが、自動車を作るにしても40年程度は顧客たちや多様な変化に対応する準備期間が必要だということを理解したらいいと思う」と助言した まずはアップルの走行距離の累計と企業別のランキングを経年的に見ていこう
公式発表がないため全て憶測となるが、世界中の自動車メーカーやティア1企業を巻き込む形で、製造・生産を担う企業をめぐる報道合戦が今しばらく続くことになりそうだ 現在テスラは、世界最大にして断トツの時価総額を誇る自動車メーカーだ
日本勢でも、マツダや日産が「アップルカー、生産受託か」と、候補にその名が挙がる 一方で本質的なところは何も変わっていない
アップルは2016年に「5年後に発売したい」とブチ上げたものの、その後、タイタンに目立った動きなし アップルカーは他より足が短い、と言われるのは受け入れられない気がします
これは公道試験中に運転席に座った係員が衝突などを回避するためにハンドルやブレーキなどに操作に介入した回数を示し、自動運転技術の性能の目安となる指標(KPI)である ただ、斬新なインターフェイスを導入した際に「アップルが正しい」ことの証明にもなるため、Samsung以外にそこまで真剣に反論せず、フォロワーを増やす戦略をあえて採っているようにも見えますが……
2020年12月にロイター通信が2024年の製造開始を目指していると報じれば、同時期に台湾メディアが2021年9月に発売されると報じるなど、さまざまな関係者筋の話が飛び交っているのが現状だ ただし、ヒュンダイ・KIA両社は一連の報道を否定する形で「複数の企業からEV共同開発の話が来ている」とし、何も決まっていない状況を強調している
2016年には、独ダイムラーやBMWが協業に関する交渉を中止したことなども報道されている 工場稼働率を上げることしかメリットないからだ
事実、日産は2021年夏にSUVタイプのEV「アリア」(TVCMでキムタクがアピールしていることですでに広く知られている)を投入する予定がありながら、2月9日の決算会見の場において内田誠社長兼CEOがアップルカーの委託生産について肯定的なコメントを発信、協業について含みを持たせることで投資家の関心を惹きつけることに成功した アップルの関連企業、テストコースや試験装置など持っていないため、三菱自動車が有償で貸し出すことになります
米CNBCや日本経済新聞など成熟した先進国のクオリティメディアが怪しい情報源を十分に検証せず、軽率な報道をしてしまったことで、混乱が加速したと言える 世間の興味はアップルカーの製造委託先に集中しており、その候補として日系自動車メーカーの名も取り沙汰されている
8