喪中 正月 挨拶。 喪中の正月のしてはいけないことは?服喪中の挨拶や過ごし方について

この間には、結婚式などの慶事を執り行うことや出席、祝い事を催すのを控えて故人の冥福を祈りながらつつしんだ生活を送るのが慣わしです ただ、次の行動は必ず避けた方が良いと考えられています
ぜひ覚えておきましょう 11月から12月の上旬には相手に届くように送りましょう
ただし、私製はがきの場合は切手が必要です 詳しくはをご覧ください
とくに四十九日までは故人の逝去から間がなく、近親者は穢れを負っている状態だと考えられます ただし、 忌中は喪中よりももっと厳格に身を慎むべき期間とされています
代わりに文末で、日頃の感謝の気持ちと相手を労わる一文を添えるようにします 喪中の期間が13ヶ月とする場合があるのは、明治時代に施行されていた太政完布告という法令で定められた期間のなごりと言われています
普段通りの挨拶を返した上で、先に述べたような新年の挨拶であるというニュアンスが伝わるような言葉を付け加えるとよいでしょう 「喪中」は「もちゅう」、「忌中」は「きちゅう」と読み、異なるものなので注意しましょう
参考に文例をいくつか紹介するのでぜひ参考にしてください 喪中の相手を思い遣る心をもって、新年の挨拶ができればそれで良いのです
25

喪中 喪に服している期間のことで、父母なら亡くなってから1年くらいと考えるのが一般的です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

事前に年賀の欠礼を詫びる喪中はがきを出し、喪に服していることを知らせておきます。

現代では忌明け後は普段通りに過ごすことが多いですが、年末年始に今一度故人を偲び、お墓に手を合わせてはいかがでしょうか。

姑宅に行くのも、実家に行くのもお正月を避けて行ってはだめですか?もしくは正月に実家に行くとしても姑に黙っていくとか・・ばれますかね。

もしどうしても気持ち的に難しい場合には、 上記同様にお祝いの言葉だけを避けて、 相手に気を使わせないように挨拶をすればいいでしょう。

仏教では「死」を「穢れ」と捉えることはありません。

45

・喪中のため新年の挨拶を控えておりました• 新年の挨拶を控えさせて欲しいこととそのお詫びの一文を添える 具体的には、「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます」や「勝手ではございますが、新年のご挨拶は差し控えさせていただきます」など、挨拶を控える旨にお詫びの気持ちが伝わる言葉を付け加えることがポイントです。

喪中はがきを送っていない相手から年賀状が届いた場合 喪中はがきを送っていない相手から年賀状が届いた場合は、年賀状の返信ではなく寒中見舞いで返信をするとよいでしょう。

以前は明治時代に発令された「太政官布告」という法令に基づき続柄と喪中期間は詳細に定めらていましたが、この法令は昭和22年に撤廃されています。

なお、手土産は仏壇にお供えできるアイテムが喜ばれるため、「かりんとう」「豆菓子」「お饅頭」など比較的日持ちする和菓子がおすすめです。

こちらでは基本的に行っても許される、問題ないことをあげていますが、あくまでも目安として捉えてください。