若紫 と の 出会い。 『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説4

嵐の夜、夢枕に亡き父帝が現れる。 27 故姫君 名詞。 若紫の名前は『源氏物語』に由来する 若紫は、『源氏物語』の主人公光源氏の妻の呼び名です。 【若紫】現代語訳と品詞分解1。 20 げに 副詞。 なんて、光源氏が考えていたなんて、思ってもみなかったでしょうね・・・。 藤壺の女御と会う そうしているうちに、藤壺の女御が体の調子を悪くされ、里に戻ることになりました。 意味は「残念だ」。 尼君は、(若紫の)髪をかきなでては、「髪を櫛で梳ることを嫌がりなさるけれど、すばらしい御髪ですこと。 あまりにも幼くて、殿方のお相手もできずに、傷ついたり、光源氏が愛想つきても困ります。
85 38