ひとまず ビジネス。 「取り急ぎ」は上司・先輩にはNG!?正しい使い方と文例をご紹介

64

「怪しい人物がいなくなるまでは、一度この場所から離れる」という意味になります。

副詞の英単語は「Tentatively」、形容詞では「Tentative」が適切な表現となります。

敬具 「まずはお礼まで」の返信は必要? 「まずはお礼まで」の返信は基本的には不要 先に説明したとおり、「まずはお礼まで」は暫定的なお礼の挨拶であり、後日正式に伺いますという前提で書かれているものであるため、返信の手紙などを送る必要は本来はありません。

(将来は変わるかもしれないけれど、一旦この方法で対応します)• 逆に、冗長な表現や丁寧な表現が続くと、取るべきものも取り合えず急いで送りました、という気持ちと矛盾することになります。

ひとまず、御礼まで申し上げます。

「勝手に区切りがいいと決めるな」と上司であれば怒りだすかもしれません。

「とりあえず」を「ひとまず」に変更することで誠意も感じられますし、相手に違和感を与えることなくこちらの意見を伝えることができます。

お礼やお祝いなど、できるのであれば会って気持ちを伝えたいけれども、距離や時間の関係ですぐには会えないような場合の結びの文でも『取り急ぎ』を使います。

ビジネスメールでの「まずは」の使い方は詳しく後述します。

39

ひとまず良かった• 「取り急ぎ」を目上の人に使う場合、「取り急ぎご連絡まで」と省略するのではなく、「まずご連絡まで申し上げます」、「まずご報告のみにて失礼致します」などと文章を最後まで書くと丁寧な印象を与えることが出来ます。

一般的に「ご苦労様です」という挨拶は目上の人には使わない表現だと考えられているため、気をつけましょう。

社内調整や調査が必要な場合でも、「取り急ぎ」とはしないので注意しましょう。

」という意味です。

私たちは 当面、より多くのお客様を迎え入れます。

まずは、ひと休みしよう。

具体的な例を挙げると、 「この件に関しまして、まずはお見積りを送らせていただきます。

2つ目の意味は「細かいことは差し置いて、大切な事柄へ目を向ける」という意味です。

見落としており、急いで返信する場合は見落としてしまっていたことに対する謝罪文を入れましょう。

28