うそ 寒 季語。 物言えば唇寒し秋の風

傘を持って出るのを忘れたり、 立ち寄った店でなくなったり、電車に置き忘れたり きょうもありがとうございます
そんな冬バラには、 特別な美意識があるのでしょうか 大量に薬をもらってきたけれど、まったくもって・・・・大げさだった
公現祭(キリスト教)• きょうもありがとうございます 門戸厄神祭(兵庫)• 薹(とう)の立つこと
とんちの日• 囲炉裏の日• きょうもありがとうございます 明太子の日• 晴れてよかったですね
でも今日ですっかり解けましたね イワシの丸干しを焼いて売っている屋台も何軒かありました
「句風にも好 き嫌いがあって然るべき」という投げかけでしょうか 10日(土) ほんとうのことだと思う水温む 水が温かくなることが、 万物にとってどれだけうれしいことなのか
掲載年月 目のくらむほどアドリアの寒夕焼 品川鈴子 ぐろっけ 199903 寒夕焼今日の一句を記しけり 宮津昭彦 濱 199904 ゆびきりを寒夕焼の焚きつけに 古津みどり 京鹿子 199905 寒夕焼艫綱ぱしつと素手で受け 白井剛夫 沖 199911 いつくしむ掌ほどの寒夕焼 中村祭生 ぐろっけ 200002 一本の欅のゆゑの寒夕焼 豊田都峰 京鹿子 200003 寒夕焼琵琶湖に群るる冬鴎 酒井多加子 雲の峰 200003 降り立ちてコートの丈の寒夕焼 金澤明子 火星 200004 寒夕焼影を持たざる野の一樹 小宮山勇 遠嶺 200004 茅葺の破風に水の字寒夕焼 辻のぶ子 俳句通信 200004 まっすぐに寒夕焼の海へ歩く 田中藤穂 あを 200103 原城に残るものなし寒夕焼 水原春郎 馬醉木 200104 掌に受くる茶碗の厚み寒夕焼 堀本祐子 遠嶺 200104 松尾久美子急逝を悼む 夢ならず人の逝きける寒夕焼 大橋敦子 雨月 200104 寒夕焼視野ことごとく浮力持つ 岡本眸 朝 200105 寒夕焼シルリアよりの海潮音 三神あすか 船団 200107 寒夕焼欅も空を荘厳す 林翔 沖 200202 群鴉寒夕焼を囃しをり まついひろこ 銀化 200202 屋根といふさびしきかたち寒夕焼 加瀬美代子 朝 200202 仰ぐときいつも一人や寒夕焼 広渡紀子 朝 200202 くろぐろと松林あり寒夕焼 谷口佳世子 槐 200203 夕燒に満干ありけり寒の崖 岡本眸 朝 200204 反芻の牛の眼燃ゆる寒夕焼 田中俊尾 馬醉木 200205 桃山城炎上かとも寒夕焼 金山藤之助 苑 200205 寒夕焼消ゆ一幕の下りしごと 伊藤伊那男 春耕 200205 寒夕焼湖北の鳥の行方かな 北川孝子 京鹿子 200206 ありがたうと父逝きにけり寒夕焼 大東由美子 火星 200207 勝力士寒夕焼の中帰る 宮原みさを 花月亭 200208 そこいらに夫の声あり寒夕焼 加古みちよ 冬菜畑 200301 寒夕焼蹄の跡を均しをり 小田玲子 百鳥 200302 八ケ岳寒夕焼の雲を載す 飯田政子 築港 200303 鯱を染めかねてゐる寒夕焼 小林輝子 風土 200303 寒夕焼け五重塔を燃えたたす 水井千鶴子 風土 200303 帆柱に男の攀づる寒夕焼 横山淑子 沖 200303 寒夕焼バックに女子大今閑か 中島英子 八千草 200307 寒夕焼われを鼓舞するため唄ふ 加藤峰子 鴫 200401 高架駅寒夕焼に鳥飛べり 中村興人 酸漿 200402 鵜の落ちし海たひらかに寒夕焼 淵脇護 河鹿 200403 寒夕焼ヒッチコックの鳥騒ぐ 宮脇ちづる 苑 200404 寒夕焼すぐ褪せ海も空も沈む 萩谷幸子 雨月 200404 寒夕焼明日を期待の旅なれや 寺島順子 雨月 200405 寒夕焼助走を長く鵜の翔てり 橘澄男 山景 200408 寒夕焼闘牛場に血の匂ひ 塩路隆子 苑 200412 目もくらむまでアドリアの寒夕焼 品川鈴子 六香 200501 寒夕焼平家亡びし海かこれ 鷹羽狩行 狩 200502 寒夕焼火事の再現炎色 鈴木喜十 帆船 200503 金糸魚の鱗の四角寒夕焼 雨村敏子 槐 200503 野馬の眸に地平傾く寒夕焼 佐々木ひさこ 築港 200503 雨戸閉づ寒夕焼をしばし見て 田中藤穂 あを 200503 弓袋かつぐ少女や寒夕焼 淵脇護 河鹿 200503 寒夕焼紛れぬやうに病夫を守る 城石美津子 京鹿子 200504 彫り物のドアに滞る寒夕焼 平居澪子 六花 200504 浮雲にうつろひゆきぬ寒夕焼 早崎泰江 あを 200504 はんぺんの三辺にしむ寒夕焼 吉田明子 鴫 200504 遠嶺の寒夕焼に意を正す 田中矢水 遠嶺 200505 ふる里の山見て飽きず寒夕焼 西村博子 馬醉木 200604 上を向く涸のありけり寒夕焼 安岡房子 槐 200604 寒夕焼空に立つものみな黒き 土屋酔月 火星 200604 寒夕焼弥彦山(やひこ)につばさ収めたる 宮津昭彦 濱 200604 唐突の友の訃報や寒夕焼 園田その子 河鹿 200605 むさし野の端から液化寒夕焼 伊藤希眸 京鹿子 200605 窓閉める寒夕焼がさびしくて 田中藤穂 あを 200701 一日終ふ寒夕焼はロスタイム 服部早苗 沖 200702 予言なき明日美し寒夕焼 川畑はるか 遠嶺 200704 寒夕焼五尺の母の影法師 阿久津勝利 万象 200704 寒夕焼イクラ百粒噛みつぶす 荻野千枝 京鹿子 200705 み仏に寒夕焼の炎立つ 神蔵器 風土 200803 去り難き淡海の海の寒夕焼 川畑はるか 遠嶺 200803 寒夕焼非日常の音の漂へる 赤座典子 あを 200803 寒夕焼大き鳶の輪焼きつくす 西川織子 馬醉木 200804 鳥葬の終るや太古の寒夕焼 西村純太 槐 200804 山下りて寒夕焼の空仰ぐ 吉野美江 酸漿 200804 寒夕焼に飾られてゐる児の涙 渡邉友七 あを 200804 鳥声を森にをさめて寒夕焼 首藤知茂 狩 200805 山家より寒夕焼に合掌す 湯浅夏以 樹も鳥も 200806 忘れ得ぬ父の一語や寒夕焼 平野伸子 馬醉木 200903 寒夕焼傾ぎて見ゆる甲斐ヶ岳 伊藤公子 酸漿 200903 遠吠えは檻の狼寒夕焼 沼澤石次 馬醉木 200904 赤松の木肌息づき寒夕焼 中村紀美子 春燈 200904 将軍の面子の負ける寒夕焼 中山皓雪 鴫 200904 軍艦も海も閉ぢ込め寒夕焼 千坂美津恵 苑 200905 皇子は二上姉宮は伊勢寒夕焼 三嶋隆英 馬酔木 200905 寒夕焼宙のドラマの始まりぬ 和田セツ子 遠嶺 200905 しばらくは見惚るる少年寒夕焼 谷岡尚美 槐 200905 まばたきに寒夕焼の色を増す 倉持梨恵 鴫 200905 寒夕焼雲みな空の隅へやり 長谷川照子 春燈 200905 寒夕焼青空すこし残しけり 長谷川照子 春燈 200905 傷つけて傷つきもして寒夕焼 田辺博充 沖 201002 寒夕焼飛び立つ鳥を見失ふ 塩路五郎 璦 201003 登四郎亡し翔亡し沖の寒夕焼 荒井千佐代 空 201003 みぞおちは指組むところ寒夕焼 服部早苗 空 201003 浜名湖のうなぎざわめく寒夕焼 大坪景章 万象 201004 束の間の寒夕焼を眺めをり 青木錥子 笹 201004 自販機に灯りともりし寒夕焼 丑久保 勲 やぶれ傘 201005 寒夕焼消ゆるまで見て晴子の忌 中野あぐり 春燈 201005 退院は間近と言ふ日寒夕焼 柴崎秋峰 ホトトギス 201006 特牛めく句碑赫らみて寒夕焼 品川鈴子 ぐろっけ 201011 寒夕焼け挺子でも退(ど)かぬ特牛句碑 品川鈴子 ぐろっけ 201011 富士に吹く風の見ゆるや寒夕焼 柿沼盟子 風土 201101 燃え立ちて機影引き寄す寒夕焼 大木清美子 峰 201102 寒夕焼さめやらぬうち鍬洗ふ 水谷靖 雨月 201102 寒夕焼しばし川面のうつくしく 早崎泰江 あを 201103 白鷺の翼にほのと寒夕焼 東芳子 酸漿 201104 寒夕焼橋あまたある隅田川 浅沼久男 沖 201104 寒夕焼マンション千の硝子窓 北川キヨ子 苑 201105 寒夕焼足の肉芽腫盛り上る 谷泰子 ぐろっけ 201105 寒夕焼畑の葉物はちりちりと 久世孝雄 やぶれ傘 201106 武田菱の旗折れし野や寒夕焼 米田文彦 かさね 201203 家々の影の燃え立つ寒夕焼 森理和 あを 201203 寒夕焼人を励ます色とこそ 楠原幹子 沖 201204 寒夕焼硝子のビルが声を上ぐ 瀬戸悠 風土 201204 寒夕焼いのちの際のいろもやう 川村文英 ろんど 201205 椋鳥の群れ寒夕焼に真向ひぬ 山口千代子 万象選集 201205 石蹴の石残されて寒夕焼 林昭太郎 あまねく 201210 寒夕焼猩々の面炎えあがり 本多俊子 槐 201302 強情な牛の眇や寒夕焼 柴田志津子 空 201302 寒夕焼ビルを燃やして今日終る 平野伸子 馬醉木 201303 抜きん出る欅一本寒夕焼 森理和 あを 201303 飛行機を焼き尽くすかに寒夕焼 大木清美子 峰 201304 地ひびきの残りし馬場の寒夕焼 坂口夫佐子 火星 201304 寒夕焼九輪の珠のうたひ出す 森田節子 風土 201304 薄紙を剥がす病状寒夕焼 池田久恵 ぐろっけ 201304 ゆつくりと往く旅客機や寒夕焼 渡邊孝彦 やぶれ傘 201304 逆光の山河沈めて寒夕焼 竹田ひろ子 ろんど 201305 寒夕焼男の子ばかりが遊びゐる 青木朋子 空 201305 寒夕焼見つつ都会の人となる 石井美智子 風土 201401 何もかも生きるすべ知る寒夕焼 鈴鹿仁 京鹿子 201402 寒夕焼屋上で吹くトランペット 橋本順子 槐 201402 寒夕焼大きな鴉屋根に下り 早崎泰江 あを 201402 ビー玉の大きく跳ねて寒夕焼 丹羽啓子 馬醉木 201403 刻々の富士との対峙寒夕焼 藤原照子 沖 201403 この町の大きな池と寒夕焼 井上信子 鴫 201403 寒夕焼男は日本海が好き 鈴木照子 璦 201403 寒夕焼天地替へせん逆立ちし 三橋早苗 ぐろっけ 201403 少年の寒夕焼に小石蹴る 西郷慶子 璦 201403 グランドに声出し切りぬ寒夕焼 野坂民子 馬醉木 201403 二人子を乗せる銀輪寒夕焼 庄司久美子 槐 201404 シヤッターチャンスにダイヤモンド冨士寒夕焼 森下康子 璦 201404 幻の考寒夕焼を見据ゑをり 水野恒彦 槐 201404 寒夕焼神の切絵の富士を置く 木村享史 ホトトギス 201407 風吹けば炎の音す寒夕焼 西川織子 馬醉木 201502 寒夕焼殉教の島包みけり 吉永すみれ 風土 201503 寒夕焼人の行き来の影絵なる 中島芳郎 鴫 201503 日曜は寒夕焼けの中にいる 井上曜子 瓔 201503 水呑みに鹿のきてゐる寒夕焼 山口素基 万象 201503 ビル一棟鏡となりぬ寒夕焼 松林依子 鴫 201504 寒夕焼杭一本を火柱に 田村すゝむ 風土 201504 臨界を超えんばかりの寒夕焼 高橋将夫 槐 201504 木魂呼ぶ少年の声寒夕焼 永峰久比古 馬醉木 201504 雲流る寒夕焼を映しつつ 渕田則子 末黒野 201505 寒夕焼波打際の裾模様 田部井幸枝 鴫 201505 寒夕焼け生死は天のなせること 川村文英 ろんど 201505 あの人をちょっと忘れて寒夕焼 長沼佐智 船団 201508 コンビナート影をぎくしやく寒夕焼 荒木甫 鴫 201602 華やかに少し淋しく寒夕焼 鈴木セツ 峰 201603 街騒の消ゆるひととき寒夕焼 峰崎成規 沖 201603 教会へつづく坂みち寒夕焼 岡淑子 雨月 201603 寒夕焼狭めて色を尽くしけり 根岸善行 風土 201603 何時からを晩年といふ寒夕焼 吉永すみれ 風土 201603 海近し鏡に映る寒夕焼 安藤久美子 やぶれ傘 201603 シンバルで果てる第九よ寒夕焼 のざきまみこ 瓔 201603 寒夕焼貨車でこぼこの影落し 玉垣咲良 馬醉木 201604 筑波嶺の光背をなす寒夕焼 赤岡茂子 春燈 201604 寒夕焼消えなむとして留まれる 小林愛子 万象 201605 霊長類ヒト科のわれら寒夕焼 服部早苗 空 201605 雑木山大きく包み寒夕焼 宮平静子 雨月 201605 森奥の木々突き抜けて寒夕焼 荒井和昭 鴫 201704 ビル繋ぐ空中廊下寒夕焼 下田村園子 鴫 201704 寒夕焼海にのまれてしまひけり 松田明子 空 201704 降り止みて白に沁みゆく寒夕焼 鶴岡節子 風土 201704 久女忌の紅振絞る寒夕焼 能勢俊子 馬醉木 201704 寒夕焼ひとつ違の人送り 布施政子 馬醉木 201704 人いつも何かを祈り寒夕焼 阪上多恵子 雨月 201704 いづくより寒夕焼の裂け始む 辻美奈子 沖 201803 寒夕焼ふるさと捨てしこと悔いず 山本喜朗 雨月 201803 寒夕焼行幸通りの正面に 丑久保勲 やぶれ傘 201803 寒夕焼に染まる駅前未来都市 高橋泰子 末黒野 201804 海の涯火群にしたり寒夕焼 寺田すず江 槐 201804 反り橋にはじまる宮の寒夕焼 黒滝志麻子 末黒野 201805 寒夕焼離れて遠き夫の墓 遠藤レイ 春燈 201805 尾道の寒夕焼けやドック入り 赤松赤彦 六花 201805 グランドの叱咤いつまで寒夕焼 佐津のぼる 六花 201805 寒夕焼終着駅を告げにけり 田中信行 槐 201805 寒夕焼列車の窓を射とほせり 片山博介 春燈 201903 獅子崎に雪舟の道寒夕焼 浜福恵 風土 201904 寒夕焼染まる宮益坂下り 坂入妙香 春燈 201904 さざなみに寒夕焼の流れくる 笹村政子 六花 201904 羅城門郵便局留寒夕焼 火箱ひろ 瓔 201904 旗雲に覗く富岳や寒夕焼 岡野里子 末黒野 201905 寒夕焼うそつくときの笑顔かな 篠田大佳 あを 202002 寒夕焼鬼の泣き出すかくれんぼ 栗原公子 沖 202003 寒夕焼男にもあるさびしき日 藤岡紫水 京鹿子 202003 スカイツリー全容染めて寒夕焼 河口仁志 沖 202004 これ以上燃ゆるものなし寒夕焼 高橋将夫 槐 202004 寒夕焼鉄塔誰の墓標なる 山中志津子 京鹿子 202005 病室の窓の向うの寒夕焼 箕田健夫 やぶれ傘 202006 北緯四十度の鬼棲む岬寒夕焼 石井美智子 風土 202011 2021年4月14日 作成. 21日(水) 茎立の空一片を欲しけり 世界のすべてを手に入れられるわけもなし 「???」と疑問符を浮かべていると、電話の話し方が優しかったので・・・・
72