北九州 芸術 劇場。 北九州芸術劇場のアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

脚本:千葉雅子 演出:G2 出演:西岡德馬、須藤理彩、中村まこと、松永玲子、戸次重幸 有門正太郎、中井出健、蘭香レア、小西遼生、いとうあいこ /松尾貴史、柳家花緑、植本潤、吉田鋼太郎 2009年5月24日~6月7日 世田谷パブリックシアター 2009年6月11日 アステールプラザ 大ホール 2009年6月12日~14日 北九州芸術劇場 中劇場 2009年6月19日~21日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2009年6月22日 愛知県勤労会館 2009年6月24日~25日 札幌市教育文化会館 2009年6月27日 りゅーとぴあ・劇場 2009年6月29日 イズミティ21大ホール. 約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。

こうして、世に並ぶ者なき二大剣客、宮本武蔵と佐々木小次郎の、命をかけた再対決が、「三日後の朝」と約束されるのだが………。

主に、演劇やコンサート、歌舞伎、ミュージカルなど多様なジャンルの催しが開催されている。

鎌倉は佐助ヶ谷、源氏山宝蓮寺。

落語シリーズ第2弾。

舟島でかろうじて一命をとりとめた小次郎は、武蔵憎しの一念で武蔵のゆくへを追いかけて、ここ宝蓮寺でついに宿敵をとらえたのだ。

真昼の太陽が照り付けるなか、宮本武蔵(藤原竜也)と佐々木小次郎(溝端淳平)が、たがいにきびしく睨みあっている。

小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。

武蔵が不意に声をあげる。

今度こそは「五分と五分」で決着をつけよと、小次郎は武蔵に「果し合い状」をつきつける。

20
申込み:(特)北九州子ども劇場 TEL 884-3834 FAX 884-3831 Mail : kitakyukogeki cup. 文化セミナー 【前思春期・思春期の子どもの抱える生きづらさへの理解と支援 ---愛着のつまずきの問題に視点をあてて】 7月24日(土) 13:00~16:00 受付12:30~ 講師 楠 凡之 くすのき ひろゆき 北九州市立大学文学部人間関係学科 教授 【参加費】 1人 800円 託児 子ども1人500円 (託児について詳しくはをご覧ください 佐々木小次郎の「巌流」をとって、後に「巌流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わり、そして……物語はここから始まる
「観る」「創る」「育つ」「支える」の4つをコンセプトにおいて活動している 専用駐車場なし
jp 子ども劇場会員の方は所属のグループ・サークルにお問い合わせください 豊前国小倉沖の舟島
車での来場はリバーウォーク北九州ほか周辺の駐車場を利用することになる アクセスは、JR「西小倉駅」から徒歩約5分
慶長17年(1612)陰暦4月13日正午 音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれている
検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵 勝ったのは武蔵
ところがそこへ、小次郎があらわれた 大徳寺の長老・沢庵宗彭(塚本幸男)を導師に迎え、能狂い柳生宗矩(吉田鋼太郎)、寺の大檀那である木屋まい(白石加代子)と筆屋乙女(鈴木杏)、そして寺の作事を務めたあの宮本武蔵も参加している
29
大・中ホールには親子室あり。 珠玉の江戸落語が交錯し絡み合う、江戸っ子たちの人情噺。 小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。 子どもたちとのワークショップで作られた、テイストの違う2曲もお楽しみください。 「この勝負、おぬしの負けと決まった」。 JR「小倉駅」 南口 から徒歩10分。 名もなき小さなこの寺で、いままさに寺開きの参籠禅がとり行なわれようとしていた。 北九州芸術劇場は、2003年に開館した福岡県北九州市の複合施設「リバーウォーク北九州」内にある劇場。 過去には市川海老蔵やサンドウィッチマンなどの公演も行われている。
64