八 年越し の 花嫁 病気。 8年越しの花嫁 中原麻衣さんの難病 抗NMDA受容体脳炎について!

そして急変した麻衣は病院に運ばれ、意識不明のまま昏睡状態に入った。

「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。

その後、新郎からの連絡がないまま8年が過ぎ、スタッフもすっかり入れ替わったの2014年のある日、式場に一本の電話が入ります。

まさに信じる力が生み出した愛の奇跡といえるでしょう。

彼女のご両親から「もっと別の子がいるよ」と何度も言われますが、彼は首を縦に振りません。

検査を受けると「抗NMDA受容体脳炎」という病であることが判明しました。

67
その後は車椅子から歩けるように 「子供と一緒に歩きたい」 その想いから麻衣さんはリハビリにさらに力を入れて頑張っています。 病気に倒れる前と後の変化を芯のある演技で表現し、観る者の心を震わせる。 ・式の2カ月半前、麻衣さんはその日の記憶がないことに気づく。 4 銆�8骞磋秺銇椼伄鑺卞珌銆嶃儮銉囥儷鏈汉銇従鍦ㄣ伅锛�. 麻衣さんのご両親にも頭が下がります。 それはいつかの新郎からでした。 その想いはついに麻衣さんの元へ届きます。 8年間、保留にしていた結婚式を再予約するためでした。
38