捨て られ た 皇 妃 韓国 版。 捨てられた皇妃 最終回

しばらくしてアリスティアの父が、アリスティアのもとに戻ってきました。

前世でのトラウマを乗り越えながら、残酷な運命を回避するため様々な行動を開始する。

自分のことを気にかけてくれていたんだと嬉しい反面、なんだか不吉な予感もしています。

一方、剣術の練習をするカルセインもなかなか集中できずにいました。

アリスティア(きっとお父様も失望させてしまった) (常に誰に対しても自身に対しても厳格な人だから) 父「殿下をここに嫁がせるのではなかった」 アリスティア「・・・・・・えっ」 アリスティア(今まで一度も皇室に反発したことのないお父様が・・・ここに来て・・・一体何をお話になろうとしているの?) 父「殿下よく聞くのです 私は急用があり国境地域に向かいます」 「ですのでもう少し辛抱するのですよ 戻りましたら殿下をうちに連れて帰りましょう」 アリスティア「本当・・・ですか?お父様・・・」 「家に・・・帰れるのですか?」 父「もちろんです」 「ですからそれまで気をしっかり持ち体を大事にしていてください いいですね?」 アリスティア「は・・・はいっ!お父様!!」 満面の笑みを浮かべて、モニーク侯爵と約束をします。

朱色の髪と瞳を持つ。

死後「 純恵皇貴妃 じゅんけいこうきひ」の称号が与えられました。

「若き天才」と称えられるほどの明晰な頭脳の持ち主。

同じ年。

ある日、美優は皇帝ルブリスとの子を身籠ります。

第6皇子の永瑢は1772年に死亡。

純妃の兄弟・蘇鳴鳳、蘇嘉鳳や他の親族が鄭白旗に入りました。

13

茶色の髪と瞳を持つ。

日本での単行本は漫画の方が先に発売され 、小説版は後から出た。

1745年11月。

エルニア・シャーナ・デ・ラス カルセインの母。

格格蘇氏が「嬪」に格上げになりました。