絆2 やめ時。 絆2 やめ時

6号機の有利区間最大ゲーム数は1500Gなので、狙い目となる打ち出しゲーム数を差し引いても、ほぼほぼ有利区間を打ちきる事が可能です。

今回の記事では、まだまだ狙い目となる台が拾える特定の時間帯でもある、 「閉店1時間前」におけるバジリスク絆2の立ち回りについてお話していきたいと思います。

その後の14セット目以降。

とにかく数をこなす事が大事なので出禁にならない程度にカニ歩いていきましょう。

高確示唆演出(ステージチェンジ前兆、BC前兆、BCフェイク前兆で発生した場合を除く) ・ お胡夷演出:刑部野菜告知+レア役否定で高確期待度アップ ・ 地虫占い演出:良縁の相+レア役否定で高確期待度アップ ・ 夜叉丸と蛍火演出:青字セリフ+レア役否定で高確期待度アップ ・ 朧とお幻演出:第3停止告知+押し順ベル否定で高確期待度アップ ・ 佐屋路会話演出:掛け合い発生で高確期待度アップ ・ 七里の渡し会話演出:掛け合い発生で高確期待度アップ ・ 響八郎疾走演出:レア役(共通ベル・弱&強チェリー・巻物・チャンス目)否定で高確期待度アップ ・ 陣五郎演出:笛+レア役否定で高確期待度アップ ・ ステップアップ演出:SU0=ハズレ、SU1=リプレイ、SU2=押し順不問ベルの対応役矛盾で高確率期待度アップ ・ 弾正匠の技演出: ハズレシンボル+小役揃いで高確以上濃厚 ・ 小四郎籠斬り演出: 押し順ベル成立で高確以上濃厚 ・ 陽炎吐息演出: ハズレシンボル+ベル揃いで高確以上濃厚 ・ 伊賀者を捜せ演出: 船なし+ベル揃いで高確以上濃厚 ・ 朱絹と小四郎演出: 豪華な布+レア役否定で高確以上濃厚 ・ 蛍火ルーレット演出: ハズレシンボル+リプレイ成立で高確以上濃厚 ・ 甲賀ミニキャラ 弦之介演出:後ろを向く < 書を出す < 刀を抜く < 刀を構える < 刀を構える+オーラ大 の順で高確率期待度アップ。

寂しいような、気楽なような、不思議な感じですね。

有利区間1460G消化 残り40G• 普通は8割がモードBから始まる下位テーブルが選ばれますので、 テーブルに関しては相当優遇されていると言えます。

基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。

64
リセット狙い(非推奨) 有利区間に移行したゲームで• 日中から夕方は、ハイエナをメインに立ち回っているスロプロなどが狙っているみたいなので、BC間ハマりやBCスルー回数などの狙い目となる台は、なかなか落ちなくなってきているのではないでしょうか。 時間にすると「最大95分」で、4. で確認していただくとして、とにかく12セット目までは継続率やストックを経てウダウダと続いたり終わったりします。 絆2打ってたら極駿府城出現!どこまで出玉をのばせるか! どうもようへいです。 モードDが確定している状況(朧BCで赤満月を目視で確認した後)などの状況なら打てますがそれ以外のモードは狙えません。 このモードはテーブル1~16の16種類のテーブルで管理されていて、最大7回スルーで天井到達。 わかり次第追記します。