ジクロフェナク 座薬。 NSAIDsは、一度使うと次は6時間空けてと聞くけれど、その根拠は?

月別アーカイブ• 【その他】• 3).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行う。

1歳以上3歳未満:6. ジクロフェナクナトリウム坐剤50mg「JG」 ジクロフェナクナトリウム坐剤50mg「JG」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1個(ジクロフェナクナトリウムとして50mg)健康成人男子に絶食下直腸内に単回投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。

アレルギー体質の人や喘息の人、子供や高齢の人はとくに注意してください。 7).重症喘息発作(アスピリン喘息)。 これが阻害されると、痛みや炎症を引き起こすサイトカインの産生が抑えられます。 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。 3.外国において、肝性ポルフィリン症の患者に投与した場合、急性腹症、四肢麻痺、意識障害等の急性症状を誘発する恐れがあるとの報告がある。 6.急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 発疹、じんま疹。 喘息発作の誘発..咳込む、ぜいぜいする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。
49

できるだけ排便後に使用するとよいでしょう。

なお、年齢、症状に応じ低用量投与が望ましい。

ジクロフェナクは抗炎症作用が強いため、使用時に違和感を覚えたり、不安なことは必ず医師や薬剤師に相談して使用してください。

医師の指示を必ずお守りください。

腕に火傷をおった• ほかにも、抗真菌薬のボリコナゾール(ブイフェンド)、抗凝血薬のワルファリン、気分安定薬のリチウム(リーマス)、キノロン系抗菌薬、抗うつ薬(SSRI)、抗リウマチ薬のメトトレキサート(リウマトレックス)、さらに利尿薬や降圧薬、強心薬、免疫抑制薬など多くの薬と相互作用を起こす可能性があります。

帯状疱疹など神経がウィルスにやられる場合や、手術で神経を傷つけた時に起こります。

3円/個 製薬会社• つまりNSAIDsは、COX-2に結合することで鎮痛作用を発揮するのです。

73