嫌われ ss。 モバP「俺、嫌われてた」

ききゃいい んでしょ。

30 :? Powered by Luilak. 何年ぶりでしょうか」 少将「もう二年になる。

Good• カタカナ入ってたり誤字が多かったりでめちゃくちゃ。

)ハァ?」ポロポロ 兄「遊びだったんだよね!?」 男「遊びでやるのが一番最悪だとおもうが・・」レイプ目 幼「ごめんね」• 医務室。

」 ちひろ「」 ちひろ どうなってんだここの事務所は!? モバP「ま、おかげで敗北の苦しみを教わったぜ…。

「あなたも悔しかったんですよね……けれど、その悔しさを自分が辞めることによって回避するのは違います」 「………」 「それに、あなたは助けてくれてる。

ただ、こうして料亭の美味いご飯が食えるならそれで良い」 大佐「. 」 ちひろ「それは予想外でした…。

ファッキューちっひ。

じゃあね。

. 」 「 私は皆のことが大好きだ。

93
もしかして、彼女が?」 少将「そうだ。 」 モバP「え…? 」 ちひろ「まぁまぁ元気だしてください!私がいるじゃないですか!」 モバP「そうだ…俺には大天使ちっひがいるじゃないか!俺にはもうちひろしかいないんだ…」? 表示を元に戻す• 男「もう人は信じたくない」 ssnote• そんな人間が提督なんて、一日も持ちません」 少将「理解はしている。 」 モバP「エナドリ買うので!」 ちひろ「わかりましたよ。 . 」 モバP「はは…。 今日は早いんだな!」 凛「ッチ…プロデューサさ、最近調子乗ってるよね。 今はちょっと調べ物です」 「なにを?」 「辞職願の書き方です」 「へぇ、辞職願の……ん?辞職願?………辞職願!?」 すげぇ、今の数少ない文字の中で半分以上、辞職願が占めてる。
18