教授 メール 返信。 「教授へのメール」書き方とマナー!お礼の返信や謝罪の例文も

75
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします 質問への回答をもらったとき、基本的なマナーを踏まえて適切な対応をしなければ、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性もあります
添付資料をご確認ください 返信が来ない理由 教授は何人もの学生を相手にしています
教授へ返信するメール【基本的なマナー】 教授にメールの返信をする際にはきちんとマナーを守ることが大切です ご返信ありがとうございます
監修者プロフィール 吉川 智也(よしかわ・ともや) 1988年北海道生まれ 期日まで余裕があるのなら、忙しい教授を急かせるのではなく少し待ってみましょう
そんな忙しいなかで、こちらの質問に回答してくれたことに対して、お礼をいうのは最低限の礼儀です また、質問内容が自分で調べれば分かるものでないか、確認を忘れずにしておきましょう
突然のご連絡を大変失礼いたします でも最初の質問メールに返事が来たのならその先生は気にしないかも
メールの書き方やマナーを守れていないと、一般常識がないと思われてしまう可能性があります <件名> 〇月〇日ゼミ【欠席のお詫び】 〇〇先生 いつもご指導いただきありがとうございます
件名 メールの内容がひと目で分かるように簡潔に書く• 件名は変えずにそのまま返信を メールの返信をするときは、件名は変えずにそのまま返信するようにしましょう「Re:」を残して返信することで、件名を見ただけでメールの内容が判断できます 学部や学年、名前は必ず入れておきましょう
62

本来なら事前にご連絡すべきところを、〇〇の事情のため、ご連絡することができませんでした。

適度に引用を使う 教授から送られてきたメールの文章を引用するのもポイントです。

実は、その教授宛てのメールの中で使っている敬語や礼儀のルールが使えているか否か、教授に見られています。

教授にメールを送るときには、こういったことに注意して正しく書くようにしましょう。

教授にとっては、自分の送ったメールがきちんと読まれたのかどうかがとても大切なのです。

特に初めて送る相手の場合は、名前を名乗らないとメールの送り主が誰だか分かりません。

丁寧語には、他に「ご返信ください」があります。

できるだけすぐに返信しよう 大学教授にメールの返信をお待たせしてしまうのは失礼だと思いませんか?どうしてもという理由がない限り、遅くても 24時間以内には必ず返信を送りたいものです。

あらかじめ自動挿入されるように設定しておきます。

17