ドラパルト 覚える技。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

じゃくてんほけんやラムのみを持たせてダイマックスエースとして運用するなら物理型の方が分があるが、 やに止められる可能性があるので、下降補正がかかっても特殊技を採用して両刀型にする方がいいか。 ただし、S無振りだと最速95族と同じになってしまい、、やに上を取られてしまう。 エースバーンなら216振り。 また・技は等倍範囲に優れる反面、弱点を取れる範囲も僅か3タイプしかない。 交代しても効果は続く。
17

クリアボディ 「能力」を下げる技や特性の効果をうけない すりぬけ 防御に特化した「オーロラベール」「しろいきり」「しんぴのまもり」「ひかりのかべ」「リフレクター」の効果を受けずに技を出せる。

のろわれボディ 隠れ特性。

C振りでもHは超低乱数。

自分より速い相手に対して「シャドークロー」を押して倒すよりも、 「つるぎのまい」を使って火力を上げて「かげうち」を使用したほうがアドバンテージが稼げ、なおかつ威力が高くなることは覚えておくべきでしょう。

以下個別ポケモン毎に調整ラインを表にしてみました。

インテレオンを抜く調整なら性格補正なしで素早さに220振る必要があります。

耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。

ただし、鬼火やみがわり持ちも多いので注意。

79