ビオトープ。 ビオトープとは?作り方やメダカの飼い方、育てる植物のおすすめは?

42

すなわちビオトープで育てている外国産の魚類や植物を外部に流出させれば当然生態系のバランスは崩れる。

その中でもよくビオトープに使われている植物は、丈夫でよく増える「ホテイソウ」や金魚との相性もいい「スイレン」、見た目も可愛く日よけとしても抜群の「ウォーターポピー」や和風のイメージが作れる「トクサ」、沈水植物なら定番の「アナカリス」などがあります。

移動が難しいようであれば、風が当たらないことに加えて日の当たる場所に容器を置いて防寒対策しましょう。

水漏れしていなくても水が減ることはあります。

これ以来、アクアフォレストのビオトープでアオコが発生することはなくなりました。

メダカはとても丈夫で、屋外で飼育するのにも適しています。

たとえば、飼育していたメダカと、もともと川などにいるメダカは一見同じように見えるが、遺伝子型が異なるため、 川などに放流した場合、これら両方の遺伝子を受け継いだ子孫が交雑種となる結果になる。

なお、かなり後で気が付いたのですが、ヤゴが無事羽化できるよう背の高い植物も植えないといけないですね。

水合わせをすることによってメダカの環境変化による負担を和らげることができます。

53