20 メタニウム。 20メタニウム

この2つのリールの仕様と同じ構造だったりスプールだったりする部分もあるので、発売はまだでも長所は少しは想像がつきます。

内部構造までじっくり見せますよ。

サイドボディのカップデザインはお気に入りポイント。

19アンタレスや18バンタムMGLのクラッチは面積が狭く押しにくく感じていましたので嬉しい改善です。

で、昨今のリールのコンパクト ちょっと意味が分かりませんw と、言うのが僕が率直に感じたことです。

アンタレスの持つ巻き心地はあくまでも趣味の世界。

3
いや、んーもうこれはわからないレベルかな 汗 太い糸には向かない• 黒田ブログから借りたよ!のクレジットを入れるかどうかも個々の判断におまかせします(笑) 左が16メタニウムMGLのメインギア、ジュラルミン製
誰がどう巻いたってコンクエスト系のリールの方がシルキーに感じますし、ノイズを感じるようになるのは20メタ系の方がやはり明らかに早いです 20メタニウムの自重は175g! これも衝撃的
バンタムと同じ構造で、マグネシウム合金で軽量化された20メタニウム 20メタニウム スペック ギア比: 7. MGL2は軽量ルアーの使い心地が向上されたことで注目を浴び、すーっと抜けるようなキャストフィールは今でも多くのバサーから絶賛されているスプール
組み立て時に忘れない様にピニオンギヤの軸受けにグリスを塗っておきます、ベアリングが回らずに、シャフトだけが空回りして、焼き付かない様に塗っておきます 16メタニウムMGLに採用されていたようなジュラルミンギアは20メタニウム採用のブラスギアに比べて格段に軽いです
飛距離やフィーリングも良く、良い釣りを多くさせてもらったのでむしろ自分と相性の良いリールだなと感じてます
とはっきりいいたいところですが、20メタのキャストフィールも非常によろしくてですね・・・ まとめ!改めて!! 実機を触ってみたら 20メタニウムは予想以上に出木杉くんでした、もう売れる予感しかしません
19アンタレスは色々なウェイトのルアーを「巻き」を中心に、時々「撃ち」もというのが一般的な使い分けでしょうか で、この自重ですが、19アンタレスの自重225gをみなさんがどう見るか? 前のモデルでもメタニウムとアンタレスでは自重に差がありましたが、今回はどちらもコンパクトした上でのこの自重です
アンタレスのヘビーユーザーからすると驚きでした…! 変なハナシ、性能面で納得するとカッコよく見えてくるなんてこともアッタリナカッタリ? そんなわけで、 まずは実機と対峙してからかなと あ〜ボディーの剛性ってこういう事なんだなって
39