いつか この 恋 を 思い出し て きっと 泣い て しまう。 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

俺そっち行きます。 その木穂子の言葉をたまたま練は耳にしてしまいます。 朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。 頑張ったんですけど一回も給料お上がらなかった最悪な職場でした。 分けながら練は音に次のように語ります。 第6話では、嘉美が音に「もう5年前に辞めたよ。 また木穂子は職場の彼氏から企画書を渡され、その企画書には「Will you marry me? 木穂子は、不倫相手とはもう会わないと練に約束する。 トラックの荷台にはたくさんの桃の缶詰が積んであって、飴をひとつあげるとバリバリと噛んで食べる。
78
実家はあるが、作中では帰る家がないと話している。 音の亡くなった母へ宛てた手紙を読んだ朝陽は、音の本当の気持ちを理解し、自由にすることが本当に音を大切にすることだと思ったのだった。 練は東京で運送会社で働いているが 先輩からこき使われるなどされて いて、不満をもっていた。 すると音が「前頼んだのトマトソースのと大根おろしの。 ずっと色褪せることのない、愛にあふれた手紙のように。