ポケモン ゴースト タイプ 弱点。 【ポケモンGO】ゴーストタイプ一覧!弱点・耐性まとめ

しかしその一方で元祖ゴーストであるゲンガーは(キョダイマックスという個性こそ得たものの)、 や役割対象である前作トップメタのカプ神たちのリストラに加え、ドラパルトの登場で完全に仕事を奪われており、一気に数を減らしている(第2弾DLCでカプ神が復帰した事により、ゲンガーの立ち位置も若干ながら復権しているが)。

また【あく】タイプには「イカサマ」というわざがあるくらいで、お化けのいたずら程度なら 看破して説き伏せてしまうかもしれません。

石好きなとか。

第六世代で追加されたが新たに弱点となった。

そして念願のゴーストタイプの高威力技「 」が登場。

一度行ったことのある町ならば何処にだって飛んでいける『』はいと非常に不便。

またポケモンの中には「カイリュー」【ドラゴン・ひこう】のようにタイプを2つ持っているものと進化してタイプが増えるポケモンがいます。

にげられない状態・ バインド状態・ 状態・ 状態で交代や逃亡を制限されない。

また、同じの技『やどりぎのタネ』が効かないのもにとってはありがたい。

第六世代。

36

なおご指摘の特性による弱点減の点は、ドータクンやシビルドンなどでもあるのですが、特性かたやぶりもあります。

補助技は非常に豊富。

例えば、『ほのお』タイプは『みず』タイプや『いわ』タイプに弱く、逆に『くさ』タイプや『むし』タイプに強かったりします。

5倍になる。

シングルでガラルサニーゴにほぼ役割を取られたはダイマックスの影響での重要性が増したダブルバトルに戦場を移し、圧倒的耐久と遅さでトップメタに上り詰めた。

・・の効果で相手のタイプ自体が変わったとき。