デュエルリンクス 環境。 【デュエルリンクス】新環境DDD考察

また2nd Stageにさえ進んでいれば最低10万ゴールドは貰える 今の「環境」についてでしょう?(注:「環境」とはリンクス内でその時に流行っているカードやデッキのこと)
・「魔導書」デッキ 魔導書は2018年5月に発売されたミニBOX「ヴィジョン・オブ・アイス」で初登場したテーマだ レジェンド1ランクからキングになるまでに76戦かかりましたが、対戦した相手デッキを種類別に集計してみたので発表したいと思います
(菅田将暉)それは知らんし(笑) OCGでは2012年4月に「リターン・オブ・ザ・デュエリスト」で「魔導」モンスターが登場したことにより本格的にカテゴリ化された
そのデッキとは,胴着に身を包んだアフロヘアーが一撃にすべてを込めてぶちかます 「カラテマン」デッキだ バトルフェイズ後のリカバリーが難しいため,「 イタクァの暴風 」や「 分断の壁 」など,OCGでは活躍しなかった意外なカードが猛威を振るうこともある
効果を使えば攻撃力が300下がるが 魔法・罠カードを破壊できる World Championship 2018」(以下,WCS2018)が行われる予定だ()
アフロヘアーとバックにある「花鳥風月」の文字が強烈 「カラテマン」デッキは,元々の攻撃力の倍になる効果を持つ「 カラテマン 」,攻撃力1000以下のモンスターが直接攻撃可能になる「 財宝への隠し通路 」,モンスターの攻撃力を500下げて,2回攻撃できるようにする「 閃光の双剣-トライス 」の3枚を用いて1ターンで相手のライフを削り取る爆発力の高いデッキだ 仮に後攻でも相手からの妨害がぬるい場合は、そこからでも制圧を図ることが可能
なので,現在の環境を分析して流行のデッキを見極め,メインデッキから対策を講じて戦っていました 一方のデュエルリンクスでは,メインBOX「ヴァリアント・ソウル」で「 アマゾネスの急襲 」が実装されたことにより頭角を現した
つんつん氏: これから,対戦環境の中心は「空牙団」で,それに対抗できる「アマゾネス」が続く形になると思います こんにちは、ノースサイドと申します
45

互いに相手のスキルを減らしてスキル発動を敬遠し合う膠着状態がちょくちょく発生するのですが、 このカードにより積極的にライフを減らすことができるため、 これは他のカードにはない利点と言えるのでは。

そこをなんとか必死に……。

じゃあ、お変わりなく。

また今回4Gamerでは,今年の大会に出場する日本人プレイヤー, つんつん氏へのメールインタビューを行う機会を得た。

だからもう、そのKCカップを走ってたも皆さん、本当にお疲れさまでした!っていう。

(松坂桃李)ああ、トップコートランド(事務所のファンクラブサイト)に? (菅田将暉)「継続してこういうのをやります」とか。

の性質上、機械天使にめっぽう強く、 下級ビートがベースになっていることから汎用性の高い魔法罠も積みやすい。

67