蜂蜜 イラスト。 はちみつの効果・効能|まるで万能薬?栄養素がこんなに!

花の蜜を採集する 蜂蜜のもととなる花の蜜は、メスのミツバチによって採集される。 蜂蜜は、人類が初めて使用した甘味料といわれており 、南部では紀元前2500年頃に壺型の土器に蜂蜜が入れられていた痕跡が発見されている。 インドでは20世紀半ばにおいて、蜂蜜が眼病の特効薬といわれていた。 ビタミンCは風邪の予防、ビタミンB1は食欲不振や疲労を防ぎ ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持を支えています。 、114-116頁。 江戸時代の医師は、著書の中で丸薬を作る際の蜂蜜の使い方について解説している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 古代エジプトや中国の文献には、蜂蜜の駆虫作用に関する記述がみられ、と小麦粉、蜂蜜から作った「甘草粉蜜糖」は駆虫薬として知られる。 インベルターゼは熱によって機能を失う。 ダウンロードはこちらから。 、41-42頁。

ただし低温であればあるほど結晶化しやすいというわけではなく、結晶化しやすいのは5度ないし14度弱であり、摂氏マイナス18度弱以下になるとほとんど結晶化しなくなるといわれている。

2021年3月3日閲覧。

、10頁。

、94頁。

、84-85頁。

元となる花の種類は効果に差を生じさせないようである。

かつては巣を切り取り、押し潰して蜜を搾り取る方法が採用されていたが、これはミツバチに大きなダメージを与えるものであった。

3
これは蜂蜜に含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素などの微量成分に由来する シャナ・トヴァ ユダヤ人の新年の休日水彩蜂蜜瓶、リンゴ、ザクロ
蜂蜜が人々の食生活に広く浸透し始めたのは古代ギリシャ時代のこと で、ギリシア神話には巣に入った蜂蜜が供される場面が登場する 糖分 糖分のほとんどは(ブドウ糖)と(果糖) で、少量の と(ショ糖) 、さらにも含まれる
アメリカの専門家の多くはジアスターゼの含有量に基づく品質の評価に否定的である 遠心分離器による採蜜法は1865年に、オーストリアのフルシュカによって考案された
、33頁 また、本来は花の蜜に含まれない物質がミツバチの口器から混入する
、48-49頁 参考文献 [ ]• これは多くの蜂蜜について妥当な判別法であるが、アカシアを蜜源とするものなど一部には純粋であってもなかなか結晶ができない蜂蜜もある
一般には、ミツバチが採集した花の蜜のことを蜂蜜と呼ぶと考えられがちである が、花の蜜が巣の中で加工、貯蔵されたものが蜂蜜であり 、両者の性質には物理的、化学的な違いがある 、167頁
ではの粉末を蜂蜜で練って(丸薬)をつくる 、57-58頁
8