セフ カ ペン ピボキシル 塩酸 塩 錠 75mg。 セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「日医工」

高齢者 65歳〜. 本剤を含むピボキシル基を有する抗生物質 セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物、セフジトレン ピボキシル、セフテラム ピボキシル、テビペネム ピボキシル の投与により、ピバリン酸 ピボキシル基を有する抗生物質の代謝物 の代謝・排泄に伴う血清カルニチン低下が報告されている。

33

外耳炎• 本剤を含むピボキシル基を有する抗生物質 セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物、セフジトレン ピボキシル、セフテラム ピボキシル、テビペネム ピボキシル の投与により、ピバリン酸 ピボキシル基を有する抗生物質の代謝物 の代謝・排泄に伴う血清カルニチン低下が報告されている。

直接クームス試験陽性を呈することがあるので注意する。

KEGG DRUG 取扱い上の注意. 尿路感染や胆道系にはある程度効果がありますが、頻度の多い上気道系にはやはり弱い気がします。

(臨床検査結果に及ぼす影響) 1.テステープ反応を除くベネディクト試薬、フェーリング試薬による尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので注意する。

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎等の重篤な肝炎、AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、Al-P上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

(50歳代開業医、眼科)• ・呼吸器感染症及び尿路感染症の両方に有用なので、重宝しています。

リンパ節炎• 原則禁忌 セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。

高齢者への投与 高齢者には,次の点に注意し,用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。

12