元 宮内庁 職員 の つぶやき。 宮内庁から 小室さん7月帰国は「最悪のタイミング」「できるなら阻止したい」の声

宮内庁長官、侍従長、上皇侍従長,皇嗣職大夫、、及び上皇侍従次長を含まない。

その辺り秋篠宮家の方針は甘いのではないでしょうか?小室親子の怪しさは外部から指摘があったと思いますが、眞子さまのお気持ちを尊重されて小室氏との連絡を閉ざすこともされなかったのが二人の絆を深めることになってしまいました。

茂木氏はまた「眞子様の結婚相手は将来の天皇陛下の義理のお兄さんになられる方。

これを元婚約者男性が即座に否定。

また、敬称につきましては、メディアなどで用いられている表現を用いますのであしからずご了承下さい。

脳科学者の茂木健一郎氏が8日、SNSに動画を投稿。

宮内庁は「事務の都合上『依願退職』と整理されていますが、これらは個々人の自己都合によるものではなく、出向等の通常の人事異動です」(総務課報道室)と説明するが、皇室ジャーナリストは首を傾げる。

眞子さまのお気持ちを受けて、多くの国民が注目した11月30日の秋篠宮殿下の誕生日記者会見。

こういったニンジンをぶら下げれば、すぐにでも謝罪会見を開くでしょう」(佐藤公子さん) その他、関係各位の話を総合すると、好印象にするため、「苦言が出たので直ぐに対応」ではなく、しばらく間をおいて1月ごろに文書を発表するだろうとの見通しが多かった。

責任逃れに汲々とするKN庁、当事者意識の薄いAKS宮、責任を全てKN庁担当者に押し付けるKK妃、自分の事しか考えないMK内親王とKM一家。

宮内庁OBの小内誠一氏は次のように話す。

文/小内誠一 納得できる説明を 12月10日の定例記者会見で、西村泰彦宮内庁長官は、眞子さまと小室圭さんの結婚問題について 「説明責任を果たすべき方が果たしていくことが極めて重要」とコメントした(時事通信)。

小室家のイメージは、これとは真逆。

秋篠宮一族が隠蔽をしようとするなら、宮内庁が動かないのであれば、国民が調査すればいいのである。

19 99