アルファ エックス シンカリオン。 劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA

長らくE5はやぶさの適合者が現れず超進化研究所の警備に従事していたため、E5はやぶさの運転士となったハヤトを相棒として慕っている。

には、日において会が開催。

その後、傷づいた体を癒すために体を休めていたが、トラメの帰還に合わせ、休眠から目覚めた。

キトラルザスの面々が、人間界に馴染みまくっていくところです。

新幹線車両の整備と路盤の保守に関する知識と経験の腕を八代に買われて超進化研究所に招かれた。

しかし西で闘っていたトラメがあっさり倒されると、使えないと失望する。

他のシンカリオンは、運転士とのインターロック(同調)による起伏の激しさからインターフェース機能を省略されているために同種のロボットは存在しない。

その後、鉄道博物館の本館屋上のパノラマデッキで座り込んで石化している所に駆けつけたハヤトに対し「セイリュウを守ってほしい」と告げて石化、ハヤトはゲンブがハヤトたちを傷つけないために自ら石化する道を選んだことを知り号泣する。

そんな中、トラメの帰還で人類殲滅に先鋭的なカイレンの帰還が間近いことを察知し、自分たちが今までやってきたことが灰燼に帰す恐れがあることに焦燥感を募らせ、付近でマオウノブナガを3体繰り出すものの、成長を遂げているアキタたちを侮っていたため敗北。

一人称は「自分」または「俺」。

また、第40話でビャッコを助けに行かなかったセイリュウの行動に対しても、「緑のシンカリオン(ハヤト)は、自分のためではなく仲間たちを護るために戦っているからこそ、ビャッコの命までは奪わないだろう」と理解を示している。

63
現在と未来をつなぐ超進化・新幹線が発進! 次世代新幹線のための試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」が『シンカリオンへ』ロボットに変形し、新たな運転士とともに平和と安全を守るため戦いに挑む。 佐倉綾音、沼倉愛美、村川梨衣、杉田智和らレギュラー声優陣と本作のゲスト声優である釘宮理恵らが顔を合わせて行われた先日のアフレコでは、佐倉が「全てのこれから大人になる子供たちと、子供だった大人たちに届いてほしい作品です。 大門山 カガリ(だいもんやま かがり) 声 - ツラヌキの妹。 ナハネ : のような姿をしており、かつてに住んでいた種族で、キルザスと種族としての起は同一である。 外部リンク [ ]• その後、遺体は超進化研究所で保存されていたが、第76話でスザクやアズサたちが増殖させたルクスヴェテの影響により復活。 2018年に1号車の車体が川崎重工業兵庫工場で公開され 、2019年には10号車の車体が日立製作所笠戸事業所で公開された。 全高:25. アニメーション作品への登場は本作が初となる。 にはを搭載 している。
バチガミに山を焼かれたために動物がいなくなり、自身と祖父を除く周りがマタギをやめてしまったことから孤独を抱えていたが、ハヤトとつらぬきという「シンカリオン仲間」を得て素晴らしいコンビネーションを発揮していくという設定がなされている。 トラメ 声 - 第33話から登場したゲンブよりも大柄なキトラルザスで、獣人のような容姿をしている。 トリニティーとして運用される都合上、弟のジョウやタカトラと三人で一緒に行動することが多く、地元が山口なために、門司支部へ出張することも多い。 自らを『世界の謎と不可能に挑戦する男』と称し、宇宙人や、、などのミステリーに興味を持っており、夢は宇宙人と友達になること。 足の裏には移動用の車輪とおぼしきものが見られるが、それを使って移動することはほとんどない。 の76話において、を通過する姿が映し出され、での登場が示唆されていた。 エージェントの中で最も冷静に、俯瞰的な目線でシンカリオンを観察し、戦略を立てる。 適合率は85. ブラックシンカリオンと共に捕縛され、捕縛フィールド内でぶつかり合う。
47