オイスター リーフ。 牡蠣の香りがする植物「オイスターリーフ」

日本でも一部販売はあるようですが、どこでも買えるようなものではありません。 なかでも、通称「オイスターリーフ」は衝撃度がすごい! なんと、その名の通り「生牡蠣」の味がするんです。 このまま成長してくれることを願う。 比較用に、同じスコップを写し込んだ。 陸上の植物から海に生息する牡蠣の味がするというのは何とも不思議な感覚です。
2

種植えする場合は発芽率が悪いため、乾燥したまま冷蔵庫に2週間入れた後、今度は水に浸して冷蔵庫で1週間冷やして、そして種まき用の土で、霧吹き等で常に土が湿った状態に保ちながら、発芽まで室内で管理してください。

見た目は愛らしい高山植物。

人によってはマッシュルームのようだとか、アンチョビのようだとも言われています。

ですが、水やりは普通の植物と同様にやらないといけないので、面倒です。

市販の培養土で育てる場合は、水はけがよくなるように改良します。

オイスターリーフの味 さっそく食べてみましょう。

花蕾の品質が良く、コクのある味 3,480円(税込) 濃い緑色で大きく、茎も濃く紫がかっていて、すかっとした爽快感のある香りが特徴です。

見かけたらぜひ、あっと驚く食のサプライズ体験をしてみてくださいね!. 【利用】 ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、調理は生食がオススメです。

その名の通り牡蠣の風味を持つハーブなんだぁ…。

25
「オイスターリーフは、葉っぱ1枚で店とお客さまの距離をぐっと近づけられる野菜 2枚目、タイムの葉と大きさを比べるとわかりズラいですねw 葉の数もおおく、今一番、環境があっているみたいです
パスタとの相性も抜群です 自分の脳内では「ああん、夏越し?やれるもんならやってみなwww」と「なぜか」変換されます
葉には芳香成分があり、軽く揉むと爽やかな香りがします 難発芽性種子の処理については上記記事にていくつかの方法をご紹介していますが、今回のオイスターリーフの種子は最もシンプルな外殻を傷つける方法を使いました
流通名: オイスターリーフ、オイスタープラント、シー・ブルーベルズ 英名:Oyster Leaf 原産地: 北半球のカナダ、グリーンランド、スバールバル諸島 花:青または白 開花期: 5月~6月 草丈: 最大50cm程度 【葉を食べると生牡蠣のようなゴージャスな風味】 北ヨーロッパからカナダの海岸部などが自生地で、シルバーグリーンの葉を食べると、生牡蠣かアンチョビのような一度食べたら忘れられない濃厚で不思議な味がします 日陰でも育ちます
送料込み価格】 3,280円(税込) ボルトジンユは「奇跡の薬草」や「驚異の薬草」として注目されています 食べたお客さまは「肉を食べたはずなのに牡蠣の味がする! 和名で 浜弁慶草 ハマベンケイソウ または、蝦夷瑠璃草(エゾルリソウ)と呼ばれます
3,480円(税込) ローマンカモミールの変種で、八重咲きの人気品種です 世界中で一番多く利用されているハーブと言われています
1